--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年03月30日

イチゴ味のボルヴィック!

フランス産まれのボルヴィック。
その歴史は深く、今から75年前に水源が発見されたんだそうです。
なんでも、ボルヴィック村の村長モワティ博士が発見したんだとか。

(↑こんなとこらしいですよ、ボルヴィック村。いいなー)
ピンときませんが、とにかく全世界60カ国以上で愛されるブランド水
ということは間違いありません。
私もニューカレドニアで恩恵を受けた一人なのです。

異国での楽しみはスーパーとかで、現地の人々の生活と触れること。
そこで日本の常識では考えられなかった商品を目にすると、
気持ちがトキメキます。で、とっても小躍りした商品があったんです。
「ボルヴィック・フレーバーウォーター」。


表紙には、イチゴに人間の顔が浮かんだ、なんというんでしょうか、
いちごさんとでも呼べばいいんでしょうか、
そのいちごさんがこちらを向いて笑っております。
ここで、うしろの百太郎の愛犬ゼロを思い出しました。
うしろの百太郎には、後君の愛犬(名前はゼロ)が出てきます。

(↑こちらが、後君と愛犬ゼロ。恐怖物の大御所漫画)
霊感のある後君だけには、犬に顔が浮かんで見えるんですが、
まぁなんな感じと表現するばよいんでしょうか。
ボルヴィック、いちごの擬人化に成功。
(↑親しげないちご。なんで眉毛が太め)

とにかく、3月21日。内心シメシメ・・・とほくそえんで早速購入。
この得たいの知れない水を大切に抱えて、ホテルで試飲することにいたしました。

でっかい500mlもありましたが、一番小さい物で頑張っておきました。
まず一口目、ススリコムように、慎重に確かめるように飲む込みます。
予想通り、甘い。例えるならば、カキ氷のいちごシロップを薄めたような。
カミさんは案外、「いける」と言って、親指を立ててました。
私としては、うまいんだか不味いんだか。なんというか・・・。
ただ、飲んだ後がさっぱりとしているんです。
しかも疲れた体には、この甘さが案外、「いける」事が判明。
そのうち、ゴクゴクと喉を鳴らしました。

これならば、日本で和製フレーバー水として再現できるかもしれません。
いちご、メロン、夏みかん、バナナ、あずきとか、まぁ最後になるほどマズそう・・。
私は今年の夏、イチゴシロップとボルヴィックを購入し、再現してみることにします。
案外「いける」かもしれません。みなさまも一つ、如何でしょうか。

ニューカレドニア紀行はまだまだ続きます。

*****リンク*****
ボルヴィックのHP

つのだじろうのHP。百太郎神社とかもありますよ。


もしもお気に召して頂きましたら、クリックしていただきますと、嬉しいです。
関連記事

メイン

コメント


はじめまして。
こんなすごいブログを持っていたとは、恐るべしhonnaodaさん。
実は僕も甘いもの大好き人間なんですよ。
中村屋の「くず桜」は大好きです。
あと福島の「薄皮まんじゅう」
しかし、ここに来るとまだ見ぬ世界が見れそうで
これからチョクチョク遊びにきます。

今日のジョニーさん、会社ではお世話になりました。
僕は明日から、新天地です(休みボケで会社行くのがメンドイ)。
甘い物を男が語る夕べ、とでもいいましょうか、最近はいたって
真面目に甘い物を記載してますが、もっと「ハジケ」たい予定です。
25年前の日記面白いですよ。僕は豊島園の記事はよかったです。
なんか、目に情景が浮かぶ(勝手に想像)ような。
ブログは面白いですよね。
始めた頃は、「なんだこりゃ」とか思っていたのですが、
色々な仲間の方の記事を見るだけでも面白いですし、
その人の人となりが見えて、それだけでも楽しめます。
僕も顔出しに行きます。またー。

イチゴシロップを薄めた感じですかぁ。。。(´∀`;) あ。。。でもキンキン
に冷やして、疲れた体に流し込むなら、honnaodさんの 言うとおり結構
いけるかもっ! 夏に自家製イチゴヴォルビック作ったらまた感想教えて
ください。そして。。。なんですか!このイチゴちゃんはっっ!Σ(゜□゜;)
これが、あのオサレな国おフランスのデザインなんですかっ!フランス
という国が分からなくなりました。
あはは、確かに愛犬ゼロもこんな感じで、ときたま顔が人の顔になります
よね。劇画タッチな顔が浮かび上がるやつね。。。

海外の人も考えたんですね。
「桃の天然水」のイチゴ版みたいです。
無色透明なのに、味がするというのも不思議ですね・・・

>kintonnameさん、こんばんわ
案外、さっぱり風味なんですよ。
でも、日本では売れないだろうなぁ。
で、海外にはフレーバー煎茶とかもあるらしいですよ。
なんとうか、なんともいい難いですが、お洒落(?)ですね。
是非とも、試してみたい一品ですよ。

>namasasimiさん、こんばんわ。
桃の天然水がありましたよね!。
僕はこういうフレーバー水って日本にないもんだとばかり
思ってました。そういえば、ありましたよね、華原朋実が宣伝
してた奴ですよね(違ったですか・・)。
で、無色透明なんですよ。色が全然ついてなくて。
でも、いちごなんですね。不思議です。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。