--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年05月12日

北海道土産とか山登りとかクラフトワークとか

hokkaodiumiyage.jpg


連休中に北海道へ行った。
北海道は雪だとか雨だとかニュースで聞いて、自分が雨男であることを再認識する。
そーいえばあの時も雨、あれも雨だったと思い返しながら、新千歳空港へ。
今回は僕の両親との親孝行旅行だったりした。
after1.jpg
(羽田空港は、晴れていた)
       ↓
(札幌市内はこんなだった)
after2.jpg

しかし、JALは小さな子におもちゃをくれるのが嬉しい。
いくつかのオモチャを見せてもらって、好きなものを1つ選ぶ。
我が子は当然、小さな飛行機を選んでいた。

札幌市内は思ったよりも寒くはないが、雨は降ったり止んだりの連続だった。
ただ、2日目の旭山動物園は寒かった。
バズガイドさん曰く、確かに本日は寒いがもっと寒いときもありますので、
ということで。

after3.jpg
(8°ですからねぇ)

そういえば、昨日も雨だった。
我が家は親子でトレッキングを行う「親子山学校」に所属している。
低山を歩き続けながら、無理なく小さな頃から歩く力をつけるのが趣旨だ。
after4.jpg
(晴れていれば見渡す風景が心地いいところなんですが・・・)

after5.jpg
(帰り、時折雨が止む。で、また振ったり)

そういえば前回も雨だったりした。
前回はこんなことがあった。

雨の中、初参加の小さな男の子(3歳)が途中で泣き出した。
チームリーダーのSさんが様子を伺に行くが
中々泣き止まない。そのうち泣いている子よりも
少し山先輩のこれまた小さな子たちが、数名傍に寄っていく。
何かしらの会話がされた後、暫くして小さな男の子は歩き始めた。
皆が彼を拍手して迎えた。彼はもう泣かずにゴールに辿り着いた。

今は5歳のわが子も始めはあんなだったなぁ、と思いながら眺めていた。
そんな時は、先を行くこれまた小さな仲間が「頑張って」と声をかけてくれた。
親が言うよりも効き目があるらしい。いきなり、シャッキリして歩きだした。
そんな彼も今では友達と話すのが楽しいらしく、喜んで山登りしている。

ということで、話がそれたりしましたが、
やっぱり札幌は食がうまい。スイーツもうまいということで、
カミさんとかなり興奮気味になる。
新千歳空港では二手に分かれて買うものを決めてダッシュ。
スナッフルスチームオムレット、北菓楼のシュークリーム、
カルビーじゃがポックルなどを購入。
で、やっぱり外せなかったのが、「白い恋人」。
after6.jpg
(あらためて偉大さを再認識する)

改めて食べてみると、これはやっぱりうまい。
旨いものを食べると自然と何度も頷く癖があり、
今回は頷き過ぎて、頭がフラフラになった。
当然ながら、会社でも喜ばれる。
”いやげもの”なんて言葉があるが、
これを買っていけば、もらった本人が甘いものが苦手でも、
家族の誰かが好きだったりするので安心だ。

そういえば、先日は赤坂ブリッツでクラフトワークのライブだった。
after7.jpg

しかし3D眼鏡を付けるライブは初めてだった。
幕が上がってすぐに、大きなスクリーンに釘着けになった。
皆が思うことが同じだったらしく、地響きのような「おー」という声がこだました。
「すげーすげー」と誰かが我を忘れて叫んだり、
「で、この4人は何やっているの?」と彼氏さんに聞いていた女性もいたりした。
赤坂という場所柄か、外国の人たちも多く、
僕の後ろにいた外人さん集団は、何故だか終始大笑いしていた。
流暢なドイツ語が聞こえたので、ドイツの人たちかもしれない。
以前、エレクトラグライドにクラフトワークがやってきたときには、
ブースの隅っこで、いわゆるロボットダンスを踊るサラリーマンのおじさんがいたなぁ。
今回は不在でした。

例の5歳のわが子も僕の影響を受けてクラフトワーク好きに。
カミさんは、ロックを教えないと!(ハードロック好き)とか言っている。
そんなカミさんは、かつてジャッキー・チェンのおっかけをしてたんですがねー。

今日は母の日ですね。

after8.jpg
(ヴァンヘイレン6・21に東京ドームでライブだそうです)

スレッドテーマ:スイーツ:グルメ

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。