--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年06月29日

じいちゃんんばあちゃん大興奮 西東京かりんとう祭

karintou02_00.jpg


「みなさん、お元気ですか?」

karintou02_01.jpg

かつて日産セフィーロのCMで、井上陽水がつぶやきましたが、
元気じゃねぇよ!って感じなんです、とかく下痢なもので、えぇ。
キャッチコピーは、『くうねるあそぶ』ですが、
それどころじゃないっすよもう。

個人的に下痢になると、もう何もしたくなくなります。
そんな経緯があって、ソファーに横たわっていると、
買い物中の我がカミサンからメールが携帯に受信します。

『かりんとう並んでいるよ!』

「そうだ!しまった」とばかり叫んでガバっと起き上がり、
どこからともなく体に自然と力がみなぎります。
「なんだ、俺は元気なんじゃないか?」とか思うのもつかのま、
脳裏によぎったのは、

『今日は西東京かりんとう祭開催日じゃねぇか!』
karintou02_02.jpg

<<甘い物リンク集に参加しております


東京の西東京市は、かつての田無市及び保谷市が合併したのです。
田無駅には西武新宿駅から急行電車に揺られて、20分程度で到着です。
その西東京市を中心に展開しているのが、かりんとうの旭製菓さんです。
karintou02_03.jpg

↑緑色が西東京市です。

本店は保谷駅の近くですが、
実は田無駅降りて数分にある田無店にしか行ったことはありません。
前回訪れたときには、店内に「元祖でぶや」が巨大かりんとうを作りに来た!という
写真を見てほれぼれと致しまして、えぇ。
店員のおばさんに「でっかいですね、おいしいんですか!」と聞いてみたところ、
「どうだかねぇ~」という、チョー気持ちい返答に清々しい気持ちで店を後にしたのでした。
karintou02_04.jpg


自分がかつて幼少の頃頂いたかりんとうは、べちゃーっとした黒糖風味でとにかく甘くて。
「こりゃかなわない・・・」と思ったわけなんですが、
こちらのかりんとうは・・・、美味しいですよ。
店内で試食も可能ですし、「どうだかねぇ~」は単なるご謙遜だということが分かります。

かりんとうなんて、お年寄りのお茶請け程度だろ?と思っていたワタクシは、
目が爛々と輝いたのでした。これを知らないことはちょっと勿体ないことです。



で、80年の歴史のある旭製菓さんが年に数回なのですが、
かりんとうをやたら安く売る特売日があるんです。
皆々様のお目当ては、半額で発売されるミックスかりんとう糖。
およそ1キロという巨大な缶には、5種類のかりんとうが詰め込まれております。


karintou02_05.jpg karintou02_06.jpg
↑ご老人ばかりが長蛇の列で並びます。お店はずっと先、曲がった角にあるのです。
待ちきれないせっかちな方は、「まだ待たせるのか!」やら「ここは暑い」等口走るわけですが、
巨大なミックス缶に並ぶあなた、きっと常連さんでしょ?、もうきどっちゃって。

karintou02_07.jpg karintou02_08.jpg
↑話では、腰の曲がったおばあさんが、この缶を一人で4つも抱えて帰って行ったり、
30缶も一人で購入するご老人もいたり、なにやら騒々しい程なのです。
しかし30缶もどうするんでしょうか?。軍艦とかかりんとうで作ってるのかしら?。
芸術は爆発っすねぇ。

karintou02_09.jpg
↑入口には、試食がどっさりと。試食がなくなれば、「はいよー」という声とともに
新しいかりんとうがどっさりと追加されるのでした。気持ちいいっす。
かりんとうが食べ放題!。

karintou02_10.jpg
karintou02_11.jpg
↑「3代目敬白」とかかれたご紹介が入っておりますが、やっぱりこういうのが無いといけません。
読んでゆけば、『木樽のなかで生地を自然発酵させた』と記載されているじゃないですか。
発酵食品といえば、納豆、ヨーグルト等体に良い物ばかり。
しかも木樽は、木曽地方の貴重なサワラ材を使用しているというから、うならせるじゃないすか。

karintou02_12.jpg
↑いわゆるスタンダードなかりんとうです。
甘さがしつこくなく、べとついた口触りは一切ありません。
誰かが止めなくては永遠と口に運んでしまうことでしょう。
現にワタクシは「もうよしたら!下痢なんだから」と止めてもらいました。サンキュー

karintou02_13.jpg
↑たぶん、ミルクみつかりんとうではないか?と思います。優しい甘さです。

karintou02_14.jpg
↑ゴマのかりんとうです。こちらは、全国菓子大博覧会で『名誉総裁賞』した
ごま大学に違いありません。ビールにもどうぞ!という感じです。

karintou02_15.jpg
↑わさびかりんとう。甘さが続くなかでピリとさせるわさび味。憎い演出です。

karintou02_16.jpg
↑黒糖かりんとう。上の4つもそうですし、こちらもそうなのですが、甘さが控えめです。
ですから、次々とお口の中に運んでしまうわけなんです。


次の日。昼頃にかけつけたのですが、お店の中に吸い込まれるように入るご老人達。
そして入口には、「本日のミックス缶は売り切れました」という張り紙がしてありました。
かりんとう祭に用意されるミックス缶は1店舗1日500缶。3店舗で5日間行われるわけで、
それがすぐに売り切れるというから、かなりの人気であるということが証明されると思います。

西東京に立ち寄るときは、是非。


かりんとうの旭製菓
<<甘い物リンク集に参加しております
関連記事

メイン

コメント

●かりんとう
甘道さんこんにちは
かりんとう
ローカルブログのほうから
TBさせていただきました
●>kokoniさま
kokoniさん、こんばんわ。
TBありがとうございます、
そろそろ七夕ということもありまして、
七夕にちなんだことをかいてみましたので、
お時間がありましたら、ご覧下さい。
●きゃりんとう
これこれこれれ、親戚から貰ったやつ~。
並んでくれて、うちにも1缶持ってきてくれたんです~。
軽くておいしかった。
わさびのピリカラさがお気に入りですぅ。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

かりんとう from ここどんな町
地下鉄の駅にある 無料のメトロニュースで紹介されていたお店 花月 湯島にある かりんとうで有名なお店だそうです 和紙の風呂敷に包まっていて お土産にもよいでしょうか 580円 カリッとした歯触りで ほんの~り甘い [Read More]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。