--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年03月04日

黒船で眠ろう!

qurofune01_00.jpg

カミサンの妹さんが、我が家の彼(生まれて3ヶ月の息子)
に逢いにやってきてくれました。しかも甘い物を沢山持参されて。
<<甘い物リンク集に参加しております。


qurofune01_01.jpg

黒船QUOLOFUNEのPONTA RASQ「ポンタラスキュ」。
いわゆるスタンダードなラスクの味とは色・形・風味が違います。
メインはカステラという黒船さんですから、カステラ型のラスク
と解釈すればよろしいのでしょうか?。
味は昔食べたといっても記憶ないですが、
赤子が食べるたまごボーロに似ていて、優しい味わいが好きになりました。
qurofune01_02.jpg
↑決して、天ぷらではありません


黒船には、忘れられない思い出があります。
本ブログでもフリーソフトを作ってくれる、
鬼才tarouさん(弟です)の誕生日のことです。

彼が、小学生だったと思うのですが、
夕飯時、父が分厚い小説をドン!と食卓において、
「プレゼントだよ!」と言い放ったのでした。
その書籍の題名が、「黒船」だったのです。

これは辞典やシュバイツアーとかの伝記をもらう以上に、
やっかいといいますか、難解な代物といいますか・・・、
何となく、ニュアンスは分かっていただけたと思います。
ちなみに、当時ちまたでは、ファミコンのドラクエ3が流行っていた時代です。
ドラクエに夢中の男の子に、分厚く小さな文字満載の黒船の小説がやってきたのでした。
これはある意味、彼にとっての「黒船」でしょう。

夕飯後、彼は「黒船」を抱えて自分の部屋にこもったまま
暫く出てきませんでしたが、部屋を覗くとベットに横になって
身動きもしておりません。枕元には、例の「黒船」が鎮座しておりました。

昔から、横になればころっと寝てしまう脳天気なワタクシと違い、元来彼は寝付きが悪いのです。
しかし、どうしても寝られない夜には、本棚にある「黒船」がお付き合い
しれくれるようになったのでした。
「あれを10ページくらい読むとさ!、やがて寝られるんだよね」
「いい物を、もらっちゃったね!」
不眠気味の彼にとって、これもある意味、「黒船」だったことでしょう。

刷り立てのような真新しさのまま、20年近く「黒船」はそのままです。

<<甘い物リンク集に参加しております。
関連記事

メイン

コメント


私も眠りが浅いのでほしいです。お父上は知能派ですね。
まだ真新しいとはおそれいります。
やっとPCが落ち付きました。
今後ともよろしくお願いいたします。
●>yottyanさん
PCよかったですね。
しかし、いつなんどき何が起こるか
わかりませんよねぇ。HDDの容量を考えると、
バックアップは気軽に出来ないし。

ブログ、3万ヒットおめでとうございます!。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。