FC2ブログ
2005年02月19日

利き酒ならぬ、利きチョコで新しい食べ方!


ロッテから出ました、「シングルカカオ」は
3地域の豆を使った、こだわりのチョコレート。
内訳は以下のとおりです。
ベネスエラ(エルピラール豆)
インドネシア(ジャワファンジー豆)
グレナダ(グレナダ豆)

自分で書きならがら、何度もタイピミスしました。
日本人の私としては、「産地の事を言われて何がどうやら・・・」という感じで、
「ピンとくるんだかこないんだか」。
「ああ、エルピラール豆だよね。うんうん・・」とすぐに分かる人にはいいのですが。私のような価値のわからない人にいくら説明しても、ヌカにくぎ状態ですよね。皆様、わかるのでしょうか。
そんなアヤフヤナバランス感覚に誘われ、ふとコンビニで購入。


蓋を開けると、「ロッテ提案 利きチョコの楽しみかた」
というカードが入っております。
これにはニヤリという感じです。これがいいんですよ。
こういうのって試すのが楽しいし、なんだか新鮮。
大事に作ったので、是非とも楽しんで食べてもらいたい、
という感じも伝わってきます。いいですねー。
「利き酒ならぬ利きチョコかぁ」
とにかく、利きチョコの食べ方はおいておいて、普通に食べてみることにしました。

さっそく食べてみます。3種類あるので味がわかるかどうか。
苦いものから、順番に食べてみます。
エルピラールはカカオ54%。甘いような苦いようなという感じ。
グレナダはカカオ70%。さすがにシャープな苦さ。
ジャワファンジーはカカオ38%。甘いです。甘党の私はこちらが好み。


口に口内炎が出来ているので、一度に食べ過ぎに十分注意、
利きチョコまでは行いませんでした。
まだ口内炎くらいならいいほうです。顔に湿疹が出始めたら
また甘い物を断絶しないとなりません。

噂によると、フランスの方とかは、まずカカオの香味を楽しむそうです。
CMで「香味焙煎」とかいってコーヒーの匂いを楽しんでますが、
まさにあの香味焙煎状態。さすが違いますな。
でもって、ミルクはどうやら邪道。あくまでビターにこだわり、
カカオの香りを楽しみながら、珈琲とか飲むんだそうです。
ため息が出ますね。どこのブルジョワでしょうか。

幼少の頃、チョコといえば甘い物。特にキットカットがお気に入り。
まさか地球上に香味を楽しんでいる人がいるなんぞ、考えたことも無かったです。やはり常識なんてちょんまげみたいなもんですね。(ライブドア堀江風)

こちらは、ちょんまげの人↑
関連記事

メイン

コメント


はじめまして。初めて訪れました、namasasimi と言うものです。
このブログを見てたらお腹がすいてきそうです。
利きチョコですか・・・。好みならすぐ答えられるんですが・・・。
明治のホワイトチョコとか・・・。

こんばんわ、namasasimiさん。はじめまして。
久々のコメントの書き込みを頂き
「うおぁ!(喜びと驚きの混ざった感じ)」という声を出しました。
まずもって、お返事を。ブログ初心者の私としては嬉しいです。
明治のホワイトチョコ、美味しいですよね。
コンビニとかでチョコ売場行くと、白いパッケージなので
一際目立って見かけもお得。
僕は幼少の頃はホワイトチョコの美味しさがわからなかった
のですが、わかるような年頃になりました。
後で、さしみ日記に書き込みしようっと。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック