FC2ブログ
2007年06月24日

男の肴はコッソリと訳あり

otokonosakana01_00.jpg

<<甘い物リンク集


コンビニでパッケージを見た瞬間、
ガツーンとやられました、男の肴。
otokonosakana01_01.jpg
男とつくからには、それなりに!

次第に鼻の奥がツーンとして、
手酌酒に訳ありの、むせび泣きにピッタリフィット。
そんな「酒よ」な世界観がよぎったかと思えば、
北島三郎の男の演歌が、頭を駆けめぐったりもしました。


           ○


ところで、サブちゃんの演歌は、海の世界の応援歌。
スーパーの魚売り場にかかってしまえば、
「魚が活きる!男が沸く!まつりだ!まつりだ!」
ということで、あれもこれも買ってみては、後の祭りなのです。

otokonosakana01_08.jpg
男くささを大いに期待!です。男だ!男だ!

そういえば、「まつり」といえば函館の北島三郎記念館で、
サブちゃんとバーチャルデュエットが可能なんですね。
3,000円でその有様を、ビデオとして残してくれるのです。
あの名曲「まつり」を選曲に、羽根を伸ばすのも良いかもしれません。
otokonosakana01_02.jpg
北島三郎記念館の紹介画像より。
 ステキじゃございませんか!。これですよ!こんな感じ。
 ワタクシは函館に行ったら、是非やりたいと思っておりますよ!。
 まつりという曲もかなり好きで、痺れますが(長いのでむせび泣いて割愛です)

 >北島三郎記念館HPで確認を


           ○


パッケージをさらに裏返せば、
『秘訣をこっそりとお教え致します』とくるじゃないですか!。
男くさい世界の裏側で、”こっそり”伝えられるマル秘めいた妖しさ。
ナイショ話を我が物にしたような独占感に、それこそむせび泣き寸前でした。
otokonosakana01_03.jpg
”こっそり”という言葉には、腰にガクンガクンと衝撃が走りました。
  こういうノリに非常に弱いのです。


炙りスルメ→七味マヨネーズ→という順番に食べるのが秘訣。

最初、『そりゃ、刺身食べるのに最初に醤油を飲んだりしないって』
などと浅はかに考えていたのですが、パッケージをあけて全てを察します。
otokonosakana01_04.jpg
↑ これでは間違う危険性たっぷりです。コース料理を頼んで、デザートから食べたり、
  推理小説を後ろから読むような危険性をはらんでいたのでした。


otokonosakana01_05.jpg
こちらが、炙りスルメ

otokonosakana01_06.jpg
で、七味マヨネーズ

目をつぶって、思いっきり妄想しながら食べるのも楽しさの一つ。 
舌で確かめ、スルメを網目で焼いたパチパチした音を幻聴気味に感じながら、
七味の辛さに、喉をヒリヒリさせて頂きました。
otokonosakana01_07.jpg
コンビニで買える手軽なスルメ。焼き上がる醤油の匂いはしませんが、そこは妄想でカバー!

出来ればビールをグイグイと、のど越し豊かに流し込みたいところ。
濃いめに作られているため、飲み物を片手に食べたくなると思います。

カールを食べた後のような、手に付く残り香はご想像の通り。
そのまま鼻の頭なぞを撫でたりすれば、一日中スルメまみれという特典付きです。
ヤッホー!

日清シスコ 男の肴
(但しHPに商品紹介無し。何故?H19.6/24段階)


【編集後記】

本日も読んで下さいまして有り難う御座います。
こういうのって、興奮しますよね。
自分だけでしょうか?、いやぁ興奮するんですよ。
特別感とでもいいますか、こっそりなんて。
なんかそそるんですよ、二つ買ってもいいですか?
という自問自答モードに入ってしまったりします。

最近お気に入りなのが、ターリーズのコンビニラテ。
香料とか入ってません!という事がパッケージに記載あります。
「おお!確かに!、珈琲その物の自然な味わいがするようだ」
と全てが、「らしい」とか「みたいだ」という想像の
世界ではありますが、後味が好きです。ステキ!ですよ。

久々に次回の予告を。
次はまたもや甘道アミューズメントシリーズ第二弾を。
勝手な妄想の世界をさらに高めてお送りしたいと思います。
じゃんじゃんシリーズ化して、妖しさを満点にしたいと思います。

甘い物リンク集に参加中。クリックすると投票になります。お気に召して頂きましたら、1クリック頂くと次回への励みとなりまして、自薦の恥ずかしさを感じつつ、コッソリとクリック頂くとアリガタイかと

スレッドテーマ:スイーツ:グルメ

メイン

コメント

●なるほど
照英のCMみたいに、スナック菓子をつまみにするのがふえているのでしょうか。
スルメに七味、泣かせますね。
外の立ち飲みとかできない
シャイな男性や女性の友じゃないですか。もちろんお茶受けにも
良しですね。妄想をかきたてられるような頭の体操にも良いかもしれませんね。
ビバ、疑似体験!

次回も期待してます。
●> yottyanさん
> yottyanさん

頭の体操かぁ!。
妄想って、頭を鍛えるのにイイカモしれないです!。
こりゃ、スバラシイ視点ですよ。
yottyanさん、鋭いっすなぁ!。
シャイな男や女のオトモにも良い塩梅ですね、
なんかドラマが産まれてきそうな気がします。
そっちの視点で書いてもよかったなあ、なんて思いました。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック