FC2ブログ
2007年04月30日

丸の内マンハッタン?スイーツ

sinmarubiru01_00.jpg

20年くらいしたら、丸の内はこんなになっているかもしれません。

<<甘い物リンク集


新丸の内ビルがオープンしましたねぇ。
ということで、1988年に計画された「丸の内マンハッタン計画」を
ラブラブ・マンハッタン~マンハッタン・ラブラブ~なんて口ずさんで、
読んでいたのですが、ギョ!っとさせられる迫力に、メロディーを忘れる事暫し。
丸の内に立ち並ぶ高層ビル群と、皇居のお堀のアンバランスなバランス感覚。
日本橋の上に首都高が走ってますが、まるであれと同じような感性を感じたもんです。
sinmarubiru01_02.jpg
 (↑あのままバブル景気が続いていたら、こういう風になってたかもしれません)
当初の計画は非難された挙げ句、中止となったと聞いておりましたが、
着々と進んでいるんでは・・・。偉い人達の考えることはわかりませんなぁ~。

まぁところがです・・・。
会社で仕事をしていた所、カミサンから「今、仕事の用事で新丸ビルです」
という火急のメールが入るわけです。
「丸の内の景観すまん!、やっぱり甘い物は好きだ!」という事で、
事務職でPCにへばりついているワタクシは、
すぐさまキーボードを壊れろ!とばかり叩き、
マウスに至っては砕けろ!とばかり連続クリック。
新丸ビルのHPにアクセスし、「○○の甘い物が欲しい」とか
「△△のこれはおいしそうです」「やっぱりよそう」とか
「出来れば、写真も撮ってきて欲しい」等と頼まれもしないメールを次々に送信。
「さ~て!(サザエさん風)」という事で、自宅で心待ちに待ちこがれていたわけです。
ということで、前置きだけで終わってしまいそうな勢いでしたが、
とにかくも、新丸ビルのスイーツをご紹介!致します。

■ 見逃せない店舗をご紹介

「風貌が新丸ビルと丸ビルってあんまり変わらなくて~」なんて言いながら、
お土産をかかえたカミサンが帰宅。お披露目となりますが、混雑していてあんまり
購入できなかったという事です(あたりまえですなぁ~)。
sinmarubiru01_03.jpg
←似ているようですが、丸の内という性質上
個性的なビル外観は控えているのかもしれません


●B1Fフロア「ル・ジャルダン・ゴロワ」
sinmarubiru01_04.jpg
←携帯画像なんで荒くてすみません。
下段にキッシュ。
上段にスイーツが鎮座まします
新丸ビルのフロア図(B1F)

フランス人オーナーの手作りキッシュを食べながら、
「奇をてらっていないが、落ち着くうまさ」に満足。
東京の荻窪と東中野に店舗があるという事ですが、
どちらも馴染みの町にもかかわらず、全く知りませんでした。
sinmarubiru01_05.jpg

シュークリームの「エッフェルシュークリーム」は甘党泣かせ。
あぁ、末高く積み上げられた生クリームの白い巨塔。
拍手でもって迎えながらかぶりつけば、少々甘めなのが気になりますが!、
多少の胸焼けは甘党の勲章です。「俺今!胸焼けしたよ!した!した!」
という事で、一気に食べてしまいたいところです。


●同じくB1Fフロア「町村農場」
sinmarubiru01_06.jpg
←こちらも画像は粗めです
チーズケーキを頼んだはずが、
箱をあけるとヨーグルトチーズケーキが入ってました
お店はてんぱってたんですねぇ~
※ヨーグルトチーズケーキは
つまり・・、ヨーグルトです。
新丸ビルのフロア図(B1F)


明治39年に札幌農学校を卒業した青年が作り上げたのが町村農場。
道外発進出ということで、非常に濃厚な乳くささが印象的なプリン。
正に牧場絞り。こちらも油断すると、人によっては胸焼けモードに入るでしょう。
それもまた楽しみ。
sinmarubiru01_07.jpg


●1Fフロア「パレ ド オール」 新丸ビルのフロア図(1F)
ここいらで「えん」のお総菜でも食べながら、一休み。
さらに立て続けに行きますが、三枝シェフの「パレ ド オール」。
sinmarubiru01_08.jpg
(↑ロゴは本物のチョコレートを使って作成されたとのこと)

円形のショコラに金箔がデコレーションされた、その名も「パレ ド オール」。
sinmarubiru01_09.jpg
(↑金の円盤という意味です)

あとは、砂糖の変わりにはちみつを使ったショコラがお薦めです。
滑らかな舌触りを楽しみます。この二つは有名ですね~。
sinmarubiru01_10.jpg
(↑マールショコラ。上段の一番右端)

ということで、後はベーカリーの「POINT ET LIGNE」。
なんてお呼びすればいいのか、わからない店名ですが、
全品売り切れということで、非常に残念でした・・・。
ここは吉祥寺にも「ダンディゾン」という名前で出ておりまして、
随分と前に本ブログでも紹介致しました。
「ダンディゾン」は店構えから、パンに至るまでが洗練されており、
近所にこんなパン屋があったらなぁ、としみじみと思わせるお店です。
是非食べてみたかったなぁ。
>>「ダンディゾン」のレポートはこちら

※名前は「ポワンエリーニュ」だそうです。
ポイント・えと・リグエかと思ったんですが、はずれました。
とにかく、ダンディゾンとかとくらべて、数多い品揃えらしく。
ベーカリー好きには堪らんですなぁ。

■時代は回る

sinmarubiru01_11.jpg
(↑こちらは昔の、丸の内ビルヂング)
sinmarubiru01_12.jpg
(↑こちらが新丸の内ビル)

二つの写真を見ると、時代を感じます。
丸の内ビルヂングの取り壊しの際には人間の鎖が出来たようですね。

丸ビルは景観紛争が出た程、丸の内としては高層なビルなわけですが、
そのうち東京駅と同じくらいの高さである中央郵便局も高層ビルに立ち替わるんでしょう。
勿論、皇居のお堀周辺の景観に配慮している訳ですが、時代は変わるんですね。

まわるまわるよ~時代はまわる~
中島みゆきさんの「時代」でもって、締めくくりにしたいと思います。

ブログランキングに登録しておりますので、
クリックのご協力をお願いいたします。
下の「人気ブログランキング」という画像をクリックして下さい。
<<甘い物リンク集

スレッドテーマ:スイーツ:グルメ

メイン

コメント


胸焼けしそうな甘いものを、チマチマ、チマチマ、ゆっくり食べるのが幸せなんですよ、僕は♪
白い巨塔シュークリームいただきたいです!

っていうか、コレ、シュー生地はおまけみたいですね(笑)。
もう、クリームです!それもまたいいですが。

うわぁ~気になるスイーツが沢山!
特に眼を惹くのは やはり白い巨塔シュークリームですねww

なんだかものすごくシュークリームが食べたくなってきました~
明日ビアードパパにでも行ってこようかな。(香港にもあるんです)
●>チチさん
どうも!。まさに!シューがおまけですよ!。
なんかクリームばかり食べているような気がするなぁ・・・
なんて思いながらも、胸焼けしつつ食べ終わるという塩梅です。
機会があれば是非!といっても、京都ですものねぇ。
●> BOKUSHIさま
香港にもビアードパパがあるんですか!。
いやぁ多店舗経営しておりますなぁ。
香港でもあのサクサク感は健在ですか?。
僕は初めて食べた時の感動は忘れられません。
香港の人達もお好きなんでしょうか。
万国共通のおいしさであるような気がして成りません。
あとは、なめらかプリンとかも!。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック