FC2ブログ
2007年04月22日

キルフェボン 紅ほっぺ大盛りタルト

kirufebon01_00.jpg

<<甘い物リンク集
kirufebon01_title1.jpg
タルト、美味しいですよね。回りのフワフワとした生地。
「の」の字を描いたかのような切り口が微笑ましく、
昔から、風水グッズ勾玉(まがたま)を連想しておりました。
チビッコの頃は、糸を通して首から提げて「パワーケーキ!」と名付け、
気が済んだから食べてしまう、なんて儀式も行っておりました。
その時分、ワタクシの中では「タルト」といえば愛媛県の郷土菓子「タルト」でした。
kirufebon01_01.jpg
■2店舗をご紹介
一六本舗さん 六時屋さん
1647年に日本へ来航したポルトガル船から
伝わったということです。歴史があるなぁ~。

最近は、有志で「タルト人」というマスコットが作られ、
近年ではおぼっちゃま君とのコラボまで成し遂げたというから、素敵!。
以前紹介した「信玄餅ストラップ」に続く、有力候補に挙げたいくらいです。
kirufebon01_02.jpg
■タルト人について
グッツの購入はこちらで



今回はタルトといってもタルト違い。お馴染みケーキの「タルト」です。


kirufebon01_title2.jpg
東京青山にあるタルトで有名な「キルフェボン」。
場所柄も手伝ってか、お洒落な店構えは「男性では入りにくい」という事で評判。
ワタクシはそういう気遣いには無塩じゃなかった無縁ですので、
ズンズン入ってゆきます。
ビックカメラで腕時計でも見ている気分で、ショーケースを眺めれば良いのです。
kirufebon01_03.jpg
(↑画像を取り忘れました。HPより拝借)

その中、一際輝きを増す威風堂々なイチゴてんこ盛りのタルトを発見します。
紅ほっぺのタルト。紅ほっぺといえば、『あきひめ』と『さちのか』を交配させたという
静岡の大粒イチゴとして有名ですが、しっかりとした果実がケーキに最適だとか。
kirufebon01_04.jpg

しかも価格1260円。タルトケーキの1切がこのお値段。
真っ白の生クリームというキャンパスの上には、
赤い稲妻が走ったかのように突き刺さるイチゴ。
ザックリとした鮮やかな切り口に、
徐々に飲み込まれてゆく自分が自分でも心地よいです。
kirufebon01_05.jpg
元々タルトはかなりお気に入り。
ビスケット生地を目指してザクザクとホークで切り終えた仕事感。
口に入れた幸せ感。そんな事を思い出しながら、「1260紅ほっぺ」を味わいます。
イチゴの味わいが死んでなくて、活き活きと表現し、
でしゃばらない程よい酸味に香りの良さ。

2つ目はブルーベリーのタルト。
紅ほっぺと比べてしまえば地味ですが、こちらも評判の一品です。
しっかし、ブルーベリー大盛り。デカ盛りというべきか、載せた!魅せた!色鮮やか!で。
ブルーベリーの甘さと酸味。それをカバーするカスタード。
kirufebon01_06.jpg



kirufebon01_title3.jpg
ワタクシは閉店間近に立ち寄ったため、がら空きでしたが(狙い目?)、
TDLのアトラクション並の待ち時間に、途方が暮れる人々もいるキルフェボン。
心の片隅では、そんな混雑する店舗を眺め、行列に評判を確認して並ぶものです。
ネット内での評判は賛否両論で、おいしい8割・普通2割といったところでした。

個人的にはやっぱり人気あるだけあるよ、と思いました。
物選びって、味だけでなくて雰囲気やサービスも重要です。
大きすぎず狭すぎない店構えは、外観から店内に至るまで、
男が言うのもなんですがとても可愛らしかったです。
(※自分は青山店しか見ておりませんけど・・・)

kirufebon01_07.jpg
■キルフェボン公式HP
HPのアクセスはこちらから

フルーツも喜ぶんじゃないでしょうか。
タルトの上のフルーツは
女性が着飾った輝きを感じました。


バンダナを巻いたスタッフも礼儀正しいですし、
HPでは接客対応NO1スタッフが顔写真入りで表彰されておりましたが、
非常に誇りな事でしょう。
ケーキをタルトに絞った事で、他のケーキ屋とは安易に差別化する事も出来ます。
そんな要素が揃って、華が咲き誇るようなかわいらしいタルトが活きてくるのでしょう。

高いとは思いながらも、やっぱり買いたくなります。
HPによれば、4月1日から販売されたクラウンメロンのタルトは、
1切れ1365円だそうです。これがまた、うまそうで・・・。


【編集後記】
最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
ようやくお腹の調子が治ってきました。
ホントにまいりました、食べ物には注意しないといけないですが、
気をつけようないですよねぇ~。

オーラの泉がようやく始まりましたね。
休み多すぎですよ。しかし、V6の井ノ原さんはなんて人間が
出来ているんでしょうか。少しでも見習わなくては。

ここからは、お願いです。
もしもよろしければ、ブログランキングに登録しておりますので、
クリックのご協力をお願い出来ませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。
下の「人気ブログランキング」という画像をクリックして下さい。
<<甘い物リンク集

メイン

コメント

●フルーツの力
キルフェボンレポート、楽しく拝見いたしました。
お体の調子ケーキが食べられるようになって良かったです。
私は代官山店によく、お店の前を通ると吸い寄せられちゃうんですよね。
珊瑚礁の海のイメージの外観と色とりどりのタルトに!
そして、どのタルトにするか迷って迷って旬で完熟の一番美味しいお値段強気のタルトを頂いちゃうんです。おしゃれな男性の方がテイクアウトされるのをよくお見かけしましたわ。
●>m-sweetsさま
お越し頂きましてありがとうございます。
もうダイブ調子は良いですが、
体に入れるものは、食べ物でも言葉でも
気をつけて取り入れたいものですね。
ですから、m-sweetsさんの安全で
添加物のないお菓子作りには共感できます。

キルフェボンの今回のケーキは
体調を崩す前に食べたもので、
もう少し早めにUpするはずだったんです。
遅れた話題になってしまいました。

あそこはホントに女性が好きなはずですよね。
代官山にもあるんですね。
確かに吸い寄せられる気持ちわかります!。
●すごい
いつも感心させられます。
本当に量がすごいですね。
価格もよさげですが
開店間際に入ってみたい(#^.^#)
ここで食べられるのですか。
すっきり苺食べてみたいです。
ただいま25日まで新宿タカシマヤ
リニューアルオープン
銘菓百選が地下1階に出来ました。あんころりんさんお勧めです。
25日まで。

キルフェボンなんかかっこいい名前。でもどこかで聞いたことあります。たぶん有名ですよね。

お腹の調子、戻ってきたということでなによりでゴザイマスv-290
とはいえ、なんだか今日もワタシの生息地は、寒い!体調管理にはくれぐれもご注意をば。
キルフェボン…噂にはきいております。お店も、行ける場所にございます。ですが、いまだに未経験なのであります~v-406
だってだって、混んでるんだもん!混みすぎなんだもん!!
人混みに弱すぎる、そして貧乏舌の持ち主であるこの生命体は、窒息死寸前になるくらいなら、多少味は落ちても安らげるお店へ…となってしまうのです。
閉店間際、狙い目ですかね?(笑)
●>yottyanさん
そーですそーです、高島屋工事中でした!。
オープンしたんですか、どうですか?、
少し変わりましたでしょうか?。
行ってみようかなぁ。
キルフェボンはタルトで有名なケーキ屋さんですが、
とっても並ぶことと価格が高い?なんていう
評判をよく目にします。閉店間近はお薦めです。
機会があれば是非。
●>ムチッ子プンコさま
いやぁ~是非ともお立ち寄り下さい。
大丈夫ですよ、閉店間近に行けばがら空きです!。
そこそこ商品も残ってましたから、大ジョブです。
自分は腰痛持ちなので、長時間の立ちっぱなしは駄目なので、
USJで3時間待ちだった時には、死ぬかと思いました。
なんで、待つのって基本的に苦手です。
●すご~く美味しそうです!
体調戻ってきて良かったです。ウィルスか何かだったんでしょうか?

確かにお値段は張りますけど このいちごのタルトはぜひ食べてみたいです!「食べてみたい」と思わせるルックスしてます!!
日本への帰省中 ケーキは殆ど食べなかったんですよ、地元の甘味屋や餅菓子屋とかばっかりで。キラキラ美味しそうな写真を見てると、何でもっと洋生菓子も食べておかなかったんだろう!と悔やまれます…。
●> BOKUSHI さま
どうも有り難うございます。
何やら食べた物にあたったみたいです。
前日の夜にテイクアウトして食べた物が
あるんですが、多分それが原因だと思ってます。
生ものではないんですが、恐ろしいですよ~。

先日は新丸ビルにカミサンが行って来まして、
お土産を元にブログ作成に取りかかる予定です。

>地元の甘味屋や餅菓子屋とかばっかりで
香港にはアンミツとかやはり無いでしょうから、
よかったんでは無いでしょうか!。
香港でも酒饅頭とか売ってたりして。。
それはそれで、食べてみたい気持ちも・・・!

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック