FC2ブログ
2007年03月18日

まずい!自作みたらし団子

tedukuriokasi01_00.jpg

意気揚々と作り出した、みたらし団子。
しかし味見をすれば、別物と思えるほど、不味いものでした。
幼少の頃、父親が小麦粉オンリーでパンケーキを作ってくれましたが、
それは誰がみても・・・、すいとんでした。
あぁ、血は争えないんでしょうか。。。

本文の続きは下ですが、こちらのクリックもお願います→


まぁ、とにかくも聞いて下さい。

照り焼きって美味しいじゃないですか。
モスバーガーのテリヤキに大興奮したワタクシの原点は、
みたらし団子に舌鼓を打つ、幼少期に培われたのです。
tedukuriokasi01_01.jpg
↑モスバーバーHPより。美味しいですよねぇ。
マックのテリヤキバーガーがオヤツに感じたものです


おばあちゃんの家に遊びにゆく、幼少のワタクシ。
決まってお土産には、みたらし団子だったのです。
お土産を手に、ご機嫌なある日。事件が起きました。。。
なんとお店に人の手違いで、
醤油をつけて、ただ焼いただけの串団子が入っていたのです。
何もわからない、幼いワタクシは口に頬張り・・・

これはみたらし団子じゃない!
味わいに驚いたワタクシ。

サメザメと泣いた後は、騒いだり、眠ったり、また食べたりとトランス状態に突入。
これは以前紹介いたしましたが、
「ドラえもんのどら焼きを食べたい!」と親にお願いし、
まぁ、幼いちびっこの言う事ですから、
スーパーの安価などら焼きが買い与えられたわけです。
ところが味わいが納得いかなかったのか、
「ドラえもんのが欲しい!」と憤慨し、泣き騒いだ事件と似ておりました。
その後、ドラえもんを見る度に騒ぐ為、「ドラ禁」が発令されたわけです。

ろくな涙を流してきていないことを、暴露いたしました。

 『男は涙を見せぬ者、見せぬ者。
  ただ明日へと、永遠に~ぁあ(コーラス)』 ガンダム・エンディングより
アムロには、なれません。
ビバ!、アムロ~。

ということで、この事件を境に、自らの「みたらし愛」に気がついたわけです。
誰に教わったわけでもない、DNAの因縁でしょう。


tedukuriokasi01_02.jpg

グツグツと鍋の中では、ワタクシが捏ねた団子が狂喜乱舞しております。
スーパーで「だんごの粉」を購入したワタクシは、
小さな宇宙を自らの手で作り出す、創造主そのものでした。

もう一つの鍋では、みたらしのタレを作り出すという事で、
興奮は一挙に高まります。

冷やした団子に串を刺すくらいまでが、一番よいところでした。
タレをよい塩梅でかけて、さぁ試食です!。
tedukuriokasi01_03.jpg

一口食べて絶句いたしました。
堅くてモサモサした団子。
サラサラ~と流れるタレ。
じーっと凝視すれば、玉こんにゃくに見えてきました。
ここに、口にしたことのない、不味い団子が出来上がったのです。

しかし、自分の味覚が麻痺しているだけかもしれません。
案外、自分以外の人々には「うまい!のかも!」
なんて一途の望みを捨てきれずにいたところ、
カミサンが「おいしそうね」とか言いながら、ニコヤカにやってきます。

「やけに重たい団子なのねぇ~」とか言いながら、パクリといきます。
『・・・・・・・・・(ヤバイという表情)』

tedukuriokasi01_04.jpg

ワタクシの初めての自作菓子は失敗に終わりました。
その後、HP等で研究すると、一手間二手間かけなくては、
美味しいみたらし団子にはならないことが判明いたしました。
どんな事も、手抜きをせず、手間暇かけなくてはいけないんですね。
まさか団子作りから、人生を学ぶとは思いませんでした。

不味い団子の作り方、よければお教えいたします。

クリックお願います。無害ですし。あたりまえか→

スレッドテーマ:スイーツ:グルメ

メイン

コメント


簡単そうに見えて、結構難しいですよね、お団子って。
やっぱり和菓子職人は偉大だ…と思わされます。
さらにいうと、「照り焼き」これがまた難しいんですよ~う。鳥の照り焼きも、いまだにうまく作れません。
マクドのテリヤキでも、ワタシにとってははるか遠いですねぇ(;_:)

せっかく作ったのに…残念でしたね。
でも、またチャレンジしてみて下さい
次はきっと今回より美味しいものが作れますよ!

日本に帰ってきています。
豆大福とすあまを買いに行きたかったんですが、みたらし団子も食べたくなってきました(笑)。
●>ムチッコプンコさん
>ムチッコプンコさん

いやぁ、ほんと難しいみたいですね、団子って。
パッケージの裏見たら、丸めてしまえば、あとは簡単!
みたいに書いてあるので、そのまま作ったのに。。。
と言うことで、和菓子は奥深い芸術品である事が
またもや実感致しましたよ。いやぁ生きるって勉強ですなぁ~。
●>bokushiさん
>bokushiさん

「あれれ?」という感じではありますが、
この失敗も、楽しい誤算だったりしますね。
小さい頃には、母親が団子作ってくれたものでした。
大変だったんだなぁ~って思います。

ところで、日本にいらしているんですよね。
是非!日本でしか食べれない物を!。

やっぱり、洋菓子の方が断然楽っぽいですね。
しかし、出来立てでもおいしくないと言うのはなかなかの事件では!?
大概、できたてなら美味しい気がするんですけど。

茹で系なら、僕は断然きなこもちが好きです。
もしかしから、ゆでたお団子にきな粉のほうがおいしかったのかも?(笑)
●奥が深いのですね
団子など簡単に出来ると思ってましたが(しかも団子の粉なら)
やっぱり、お菓子は奥が深いのですね。自分ももし作ったら
同じ結果になるでしょうね。
お菓子はやっぱり買ったほうがいいですかね。でも、こうやって作ると御菓子屋さんのありがたみが
わかりますね。花より団子ですね。
でも、団子つくりをすると言うこと
人生を悟ると言うこと。
honnaodaさんはすごいです。

また、お彼岸で和菓子屋さんから
お菓子を頂きました。
本当に味わって頂かねば。
(毎年縁があって持ってきてくれます。感謝です。)
●>チチさん
そーですよ、普通はうまいと思うんですがねぇ。
一途の希望を元に、カミサンに食べてもらっても
「駄目だこりゃ」という塩梅となりました。
違う意味で、自慢のダンゴです。

きな粉餅を作る時、餅を茹ででもいいんですよね!。
そっか!、自分は焼いた餅をお湯にくぐらせて、
そしてから、一気呵成にきな粉のドンブリの中へ
放り込んでいたんですが、それはいいかもしれません。
団子もそうすればよかったかも。

しかし、堅くてボソボソのダンゴでした。
食べてもらいたかったくらいです。
●>yottyanさん
お彼岸ですから、デパートの十勝おはぎ屋に行ったんですが、
売り場の入れ替えがあったらしく、撤退しておりましたので、
食べれず、愕然としていたところでした。
良いですねぇ~、いただけるんですかぁ、素敵なご縁ですよ。
いいですなぁ~、いいなぁ~。ほんと、いいっなぁ~。

ダンゴは失敗しましたが、復活をかけて再度作る予定です。
今度は失敗できません!!

なかなかおいしそうですが
やはり団子たるもの甘く見てはいけない、という深い正しい教えを改めて承りました、ありがとうございます(笑)。

そうです、甘く見るんじゃねえよ”!
と時々商品のお団子でも思うことありますが
私の餅菓子屋さんの裏試金石は甘辛だんごなんです。
初めての和菓子屋さんで、おだんごがちゃんとしてれば、信頼します。とはいえスーパーの三本100円のも結構おいしく食べちゃうから
お団子って許容量広いな~といつも敬意を払って(誰にだか)いるんです。
●美味しそうなのに…
お久しぶりです。
見た目はばっちりだったのに、お味は○×▽▲×だったのですねv-12

私も、想像と違うものができちゃうこと多いです(笑)。
でも、懲りずに次回は美味しいみたらし団子作ってくださいね。
昔はみたらし団子ひとすじだったのですが、最近はタダの焼いた醤油団子にはまってます。
海苔がまかれただけで、+10円ってなると高い気がしてきてしまいます。
10円なのにね(笑)。
●>あんころりんさん
メロンパンの美味しいとこは、
きっと全体的にうまいパンや!と勝手に思っているのですが、
和菓子屋の甘辛ダンゴもそんな性質ありますよね。
ちなみに、スーパーの甘辛ダンゴはレンジで
30秒くらいチン!して食べます!。
やりすぎて、ふにゃふにゃになったことも何度と!。
●>まりたま
タダの焼いた醤油団子って奴ですよ、
幼少期の自分が泣いたのは。
あれ?って思いながら食べたのを覚えてます。
ダンゴといえば、国分寺の輪島のダンゴも美味しいですよ。
実家からは近かったので、よく買って食べてました。
種類も沢山で重宝してました。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック