FC2ブログ
2006年11月18日

台湾食日記4~牛肉麺が繋ぐ出会い

taiwan04_00.jpg

前回からの続き

台湾食日記4部です。
お時間のある方や、台湾にご興味のある方は、是非前回からお読み下さい。
台湾食日記1~マンゴー豆花に感動!
台湾食日記2~臭豆腐は臭くて美味
台湾食日記3~台湾屋台シュークリーム

甘い物リンクに参加しております。
いつもありがとうございます
■ ジャッキーも好きな牛肉麺

次の日です。
今回はまず、食べ物からご紹介いたします。

 蒋介石を記念に建てられた中正記念公園の近く、
現地の人に人気の牛肉麺を出す「川味老張牛肉麺」に向かいます。
行けばずら~りと多くの待ち行列が出来ており、今か今かと待ち焦がれております。
taiwan04_01.jpg

taiwan04_02.jpg

 早速列に並んだのですが、暫くすると前のおじさんがクルリと振り向き、
何かワタクシに話しかけてくるじゃないですか。もちろんワタクシはわかりません。
突然で「おおおお!!」と困っていると、カミサンの後ろにいた見知らぬ女性が、
・・・そうですねぇ、年の程30代前半といったところでしょうか、
何やらおじさんと話を始めます。我々が日本人だと説明してくれたようです。
それ以降、英語の出来るカミサンは、その女性の方と英語で雑談を始め、
「ここは台湾でNO1の人気牛肉麺のお店ですよ!」と教えてもらいます。

 頼んだのは、牛肉麺とトマト味スープの牛肉麺。さすがにジャッキーチェーンも
好きだという人気店だけの事はあり、肉がひたすら軟らかく、とろけるようです。
トマト味のスープはまるで、デミグラソース。絶妙な絡み具合なのです。
taiwan04_03.jpg

 暫くすると、先程の女性の方が桶のような物を抱えてこちらにやってきて、
「薬味だよ」と言いながら入れてくれます。
先ほどから、現地の方達がメンマみたいな物を入れているなぁと思っておりました。
ただ、セルフだったので、勝手のわからない我々は興味津々で見つめていただけでした。
「これを入れるとまた美味しいよ」ということで、親切にも気をつかって下さったのです。
これまた酸味が効いて効果抜群。最後に、女性の方にご挨拶をして、店を後にします。
ありがとうございました!。
taiwan04_04.jpg
(↑ジャッキーも舌鼓を打つ美味しさ)


■ 台湾総統府と日本

 実はこの日の午前中、台湾総統府の見学をしたのです。
ワタクシはこの日ほど、自らを日本人であると再認識した事はありませんでした。

 ここは1919年に、日本政府が台湾統治時代に建てた中央行政官庁で、
現在は、台湾の総督府として使われている建物なのです。
外見は正に大正ロマンとも言うべき、お洒落な建物でありますが、
日本人として見学しておかなくてはいけない場所でもあります。
taiwan04_05.jpg

 中に入るのは厳重な検査が必要。パスポートを渡し、荷物検査の上、
1Fのみ見学ができるのです。暫くすると、穏やかな物腰の気品ある婦人がやってきて、
「日本の方々ようこそいらっしゃいました。私は林玉鳳といいます」とおっしゃいます。
聞けば日本統治時代に幼年期を過ごされた影響で、日本語がベラベラトークだという事です。
現在はボランティアガイドをされているということですが、
正直、何かピシャリ!とした事を言われるのだろうかと、オドオドと致します。

 林玉鳳さんはドアのノブをさすりながらこう言います。
「今でも当時のまま、それは大切に使っているのですよ。見てください。
このノブだって、当時のまま。この総督府だけでなくて、他の建物もそうですよ」
と丁寧な日本語でお話されます。
「あれ?」と、ワタクシはカミサンと顔を見合わせます。
 
「日本の若い方は歴史をしらないでしょ。だから孫に話すような口調になってしまう
かもしれませんが、よく知って帰って欲しいんです」と言いながら当時の話を
説明してくださいました。日本は台湾の生活上のインフラや教育を整えてくれた。
台北市内はそれはそれはモダンな街と生まれ変わり、
下水道に至っては当時の東京よりも早く整備された、という事もお話頂きます。

 侵略という言葉には、林玉鳳さんは「下関条約をご覧なさい」と静かに諭されます。
taiwan04_06.jpg

特に後藤新平の功績を称えられており、「このボランティアガイドという仕事は、
その時の恩返しだと思いまして、日本の皆さんに真実を説明しているのです」
とお話されるには、唸らずにはいられません。

 真剣なまなざしで台湾の昔と今を説明して下さった後、1時間ほどで説明は終了し、解散。
その後も、色々とお話を聞きたかったワタクシは、ポツリポツリと質問を致します。
その都度、熱く語っていただき、このブログに書ききれないほどの歴史を教わりました。

 最後、玄関口まで皆を見送って下さり、こうおっしゃいます。
「日本の若い皆さんは、ほんとに歴史を知らなすぎます。
あと、自虐過ぎます。どうしてなのですか。もっと胸を張って自分の国を好きになって下さい」

 異国の地で日本の事を心配してくれる方がいる。
日本人はどこに行っても嫌われ者だと思っていたのですが・・・。

台湾に行くときは、是非とも立ち寄られてください。


■ 後日談

 ネットでは、その林玉鳳さんの語られた「台北今昔物語」がファイルUPされております。
ワタクシのつたない文章では表現できていない、素晴らしい話が聞けることかと思います。
是非、お聴き下さい。林玉鳳さんも「是非、聴いて欲しい」と勧めておりました。
台湾今昔物語のリンクサイトへ


続く
甘い物リンクに参加しております。
いつもありがとうございます

関連記事

メイン

コメント

●not subject
うまそう。今度行った時は参考にします。
同じ時期に私のブログにリンクさせていただいている方が
台湾へ行き、ほぼhonnaodaさんと同時期に
ブログに台湾紹介してました。
honnaodaさんのブログも紹介してみていだだきました。
私はhonnaodaさんの事を、雑誌に載ったりある意味すごい方と
お話しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/yu_12_lei
yuさんも女子十二楽坊迷の第1人者の女性です。
こちらも面白いと思います。
しかし、私は台湾総統府行ってません。行かなきゃ行けませんね。ありがたいお言葉を聞かなければいけませんね。
●>yottyanさん
>yottyanさん

こんばんわ。
ここの牛肉麺はホントに美味しかったです。
というのも、旅行最終日ですが、
他のお店で牛肉麺を食べたところ全然違うのでびっくりしたくらいです。
まず、肉のやらわかさが全く違う。是非今度食べてみてください。

yuさんにご紹介してくださいまして、ありがとうございます。
早速うかがいまして、お礼申し上げましたよ。
ホントに同時期に行っている感じですね~。

あと、台湾総統府、ここには是非!とも行ってみてください。
パスポート持参で、午前中しか空いてません。
休みもあったかと思います。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック