FC2ブログ
2006年10月31日

元祖でぶや公認 巨大かりん糖

karintou01_00.jpg

『かりん糖!、あぁお年寄りの食べ物ね!』
遠い将来、ワタクシもそのお年寄りの仲間入りですから、
人ごとではありません。笑っていられるのも今のうちでしょう。

 といっても、まだピン!と来ない感じが致します。
これでは如何でしょうか? 「でぶや公認」。
ぐっと敷居は低くなり、近づきやすくなったのではないでしょうか?。

 今回は、以前紹介したこともあります、心の避暑地「武蔵野茶房」。
そこから歩いて数分に位置する、旭製菓さんをご紹介いたします。

【いつもありがとうございます!甘い物リンクサイトへ!】
■ 狸の置物

とある日の事です。

 近所の喫茶店では、15時までモーニングセットを出してくれる
のですが、そちらで昼にモーニングセットを食べた後、
お年寄りがしょっちゅう出たり入ったりする
かりん糖屋さんの目の前を通りがかります。
karintou01_01.jpg karintou01_02.jpg

 前から、気になっていたんです。
『しかし、かりん糖かぁ。。。』
どのくらい、そうやってあきらめたことでしょう。
しかしそんな間でも、おじいちゃんおばあちゃんが
出たり入ったりして、店内はワイワイとなごやかな雰囲気です。

 店の前の、狸の置物と視線があいます。
『・・・・・・』
karintou01_03.jpg

 無言のやりとりの中、心の中は整理整頓。
すっきりとした心持ちで、ようやく足を踏み入れたのです。


■ でぶや公認

 小振りな店内では店員のおばさんが、やたら試食を進めくれます。
karintou01_04.jpg

 驚いたのは、かりん糖の種類が豊富なこと。
おなじみの黒糖、ざらめに並んで、
黒ごま、わさび、生姜、竹炭、しそ、きんぴらごぼう、黒こしょう、
七味唐辛子・・・等まだまだあるから、びっくりです!。
250円程度の小分けの袋から、ヘビーユーザー用のお得なパックまで。
軽いとこまで手が届く、そんな品揃えには圧巻です。
HPから購入も可能です。

 『名誉総裁賞』を取得したかりん糖の他、お勧めはわさびにきんぴらごぼう。
ぴりっと来た後の甘い風味がたまらない物があります。
裏路地に名店あり、うーむ・・・、そんな事を考えている最中でも、
お客さんは何かしら買って帰って行きます。ますます唸りものです。
karintou01_05.jpg karintou01_06.jpg

 何気なく後ろを振り返ったワタクシ、
目にしたのは壁に貼ってある「でぶや」の写真じゃないですか。
「あれ!デブヤが取材に来たのですか!!」


■ 時代はshibuya(渋谷)からdebuya(でぶや)へ
ところで・・・
元祖デブヤ」が、かつて深夜帯に「debuya」として高品質な番組を放送していたころ、
メッセージ性の高いメッセージソングを発売した事はご存じでしょうか?。

石塚とパパイヤが「F.A.T」というユニットを組み、
シングルCD「MyYou」でデビュー。
当然の如く、ワタクシは発売日にCDをゲットいたしましたが、
恥ずかしかったー。
karintou01_07.jpg

レコード会社のリンクに詳細がございます
-------------
「MyYou」(歌詞抜粋)

どうも~ !
デブってますか~ !

恋のChance tonight !
今宵 Dance tonight !

右から左へ駆け抜ける僕らの
恋の暴力に 君はボーッとして

あっ! ちょっと待って
一緒にイケるかも

1・2・My you
-----------

今の元祖でぶやの前身にあたる番組「debuya」は
ワタクシにとって、理想の番組でした。
誰にも真似できない先駆者であり、メッセージ性も高く、
ムーブメントを作り上げたわけです・・・、すごいっす。

おおっとしまった!
またもや話が脱線し出しました!。


■ 80年の歴史

「えぇ、来たんですよ」
店員のおばさんは、ゆっくりとカウンターから身を乗り出して、答えてくれます。
写真のdebuyaリーダー石塚氏を指さして「このでかい人が来た」と説明してくれます。
karintou01_08.jpg
ふくよかなの石塚氏は、微笑みながら巨大かりん糖を抱えているのです。

「でっかくても、味はうまいんでしょうね!」
「さぁ、どうかしら!、ほんとにでっかかったからねぇ」
店員のおばさんは吹き出すように笑い出しました。
ワタクシはカミサンと目をあわせます。

「売ったりしないんでしょうか?、デブヤ・スタイルとかいったりして!」
「そうねえ~」
目線が宙に浮いておりました。

 そんなこんなで、デブヤ公認のかりん糖。
聞けばお店の歴史は80年近くというから、老舗中の老舗。
ネット界では、このかりん糖でかりん糖の見方が変わった、
という方が多数いらっしゃるくらいの評判のかりん糖なのです。

是非、機会のある時には、お立ち寄り下さい。
ネット販売もしておりますよ。

お店:旭製菓
ホームページから購入ができます

【いつもありがとうございます 甘い物リンクサイトへ!】
関連記事

スレッドテーマ:スイーツ:グルメ

メイン

コメント

●かりんとう
見るからにおいしそうですね。私はかりんとうって言うから
動物の○○みたいな物を想像してました。
(すみません)
しかし写真を見るとうまそうな。これなら歯の悪い(?)
私でも(もう年か)大丈夫そう。
いい物を、ゲットしましたね。やっぱり躊躇しちゃいけませんね。
狸にばかされちゃうかもしれませんね。
そのうち狸が海を走っているかも、あっ河童が空を。
ネット購入しなければ。
●>yottyanさん
>yottyanさん
こんばんわ。
かりんとうってそんなに食べるものじゃないですよね。
特に若い人にとっては、なんというか馴染み少なくて。
ただ、甘納豆でもそうですが、おいしいのは
ホントにおいしいんですよねぇ。
ところで、yottyanさん、ブログのスキン変更されましたね!!
●not subject
…小さいころからかりんとうとか甘納豆とか大好きでしたが(笑)。
「牛乳かりんとう」とかよりは、こってり「黒かりんとう」系統のほうが好きです♪
父親が子供に買い与えるお菓子が多分そんな感じのばっかりだったんですね~。

通販できるんですか…、たまにはいいかな?
●>チチさん
>チチさん
こんにちわ。
かりんとうは父親が好きで、よく食べていたのを記憶してますが、
甘い固まりという認識しかしていなかったというな気がします。
羊羹もそうで、幼い頃は虎屋の羊羹なんて、そうそう口にできませんでした。
ただ、甘納豆もそうですが、かりんとうもおいしいのはホントいけますよね。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック