FC2ブログ
2006年09月30日

せんべい界の革命!~ふんわり名人きなこ餅

etigoseika01_00.jpg

越後製菓ふんわり名人シリーズの、「きな粉餅」。
すさまじい出来映えでした。
これはセンベイ界の革命だと思われます。
山とかに向かって意味もなく叫びたいくらいです。

『この美味しさを知らなかったのは、もしかして自分だけなのではないか?』
はたまた、『世の中の誰しもがこの煎餅を知っていて、皆知らない振りをしているだけではないか?』等、疑心暗鬼の思いがつのり、危うく人間不信に陥るところでした。

ワタクシはきなこ丼を作り、年間を通して365日、きな粉を絶やしません。
そんな、きなこ好きでありながら、この商品を知らなかったのです。
何というテイタラクでしょうか。

泣けてくるぜ、全く。

ということで、今回は「ふんわり名人 きなこ餅」を、
まずは落ち着いてご紹介致します。
きな粉好きならば、読み終わった後、
居ても立ってもいられなくなるに違いありません。
<<甘いものリンクはこちら
■突然の出会い

 まるで引力に引き寄せられるように、出会いは突然やってきました。
世間では安倍内閣の組閣人事でにぎわっていた頃、
ワタクシは「ふんわり名人 きなこ餅」との出会いを果たしていたのです。
あぁ、人に歴史あり。

 先日のことです。
買い物袋を下げたカミサンが帰宅します。
中を見れば、初めて見る「ふんわり名人 きなこ餅」というセンベイが入っているではありませんか。
etigoseika01_01.jpg

 正直、ポカーンとしながら、パッケージを裏返したりしながら、マジマジと観察します。
不意打ちをくらったような衝撃が走った後、すぐさま笑いがこみ上げてきます。

 今考えれば、無知とは怖ろしいことです。
「なんだい、これは?」とクスクスと笑いながら聞けば、
「わたしだけ好きな物を買っては申し訳なくて」という返事が返ってきます。
ぬれセンベイの好きなカミサンが、「近くに売っていた」というだけの理由で、購入したのでした。

 きな粉好きのワタクシとしては、驕りがあったんでしょう。
「いやぁ、きな粉餅っての奥深いからねぇ・・・」と言いながら、きな粉の講釈をした後、
「ふーん(うまいのかねぇ?)」と唸って見せたのでした。
今考えると、冷や汗ものの畏れ多い事です!。

■きな粉ドンブリのススメ

 ところで、ワタクシはきな粉が大好きです。
常に冷蔵庫にはラーメンドンブリにきな粉が入っており、年がら年中スタンバイOK。
くず餅のきな粉が足りないとき、信玄餅をきな粉まみれで食べてみたいとき等、
大活躍する便利アイテムなのです。
そんなとき、「俺はきな粉を食べているのか、餅を食べているのか?」と
疑問が生じるときがありますが、
迷うことなく「きな粉」であることは、間違いのない事実のようです。
etigoseika01_02.jpg etigoseika01_03.jpg

 このドンブリ、その名も「きな粉ドンブリ」と名付け、冷蔵庫に幅をきかせておりますが、
まるでぬか漬けの如く、無くなる寸前で、新しい粉が投入されるため、
一向に無くなる気配はありません。
今もってきな粉好き、これからきな粉を好きになりたい方にも、オススメなドンブリなのです。

 また、毎朝スプーン1杯のきな粉を口に放り込む、きな粉健康法も持続中。
それでもう、朝からご機嫌。興奮剤でも入っているんじゃないかと思うほどです。
まさに、日本が産んだイエローマジックここにあり!。
etigoseika01_04.jpg
作り方は『きな粉ドンブリのススメ』をご覧下さい。
ダイエットにもよい「ウォーキングきな粉」もご紹介


■瞬間芸

 ということで、その日の夕食後。
食後の甘い物を探していたワタクシは、「そういえば・・・」ということで、
棚の奥から「ふんわり名人 きなこ餅」を取り出し、何気なく開封して見せます。

 大きさは繭くらいの俵型。つまんでみれば、手に付くきな粉がしっとりと。
そのまま口を開けて、放り込んで見ます。
etigoseika01_05.jpg etigoseika01_06.jpg

 一瞬で口はきな粉であふれかえり、
甘めかな?と思わせる暇もなく、俵型のセンベイが上品に溶け出すのです。
ほんの数秒で口の中は祭りの後。
既にセンベイは跡形も無く、鼻に抜ける香ばしい匂いだけが残りました。
すぐさま『ただものではない』という事に気がつき、
「組閣」とか「入閣」とか言っていたTVは、気が散るので消してしまいます。

 静寂が訪れます。
湯飲みに注がれる緑茶の音だけが響き渡り、数秒が永遠に感じられます。
もう一つ頂きましょう。
etigoseika01_07.jpg etigoseika01_08.jpg

何度口に入れても一瞬で溶けて無くなり、後味のよろしいこと。
何が起きたのかわからないほどの瞬間芸に、ノックダウン。
「うまい!」

この商品、ほんの300円。
いいお金を出せばそれなりの物は手に入ります(必ずとはいえませんが)。
ただ、そればかりではつまらないなぁというのが本音だし、
掘り出し物に出会った時の喜びは格別です。
今回の逸品、強い個性と高いクオリティ。そしてコストパフォーマンス抜群。
きなこ好きには非のつけどころがない、傑作なのではないでしょうか。
越後製菓万歳!。

(商品情報)
越後製菓 「ふんわり名人 きなこ餅

越後製菓のふんわり掲示板
ふんわり仲間が集う、楽しいバーチャル空間。
皆様も食べて、ふんわり仲間になってみませんか。
早く!早く!
※ちなみにワタクシもhonnaodaと言う名前で書き込みしてます。
etigoseika01_09.jpg


■編集後記

今回も読んでいただきまして、有り難うございます。
<<甘いものリンクはこちら

ちなみにFC2ランキングってのに参加いたしました。
というか、参加してたような気もするんですが。。
FC2 Blog Ranking。もしも宜しければクリックをお願いいたします。b_02.gif

ところで、今回のきな粉餅なんですけども、
きな粉がお好きな方には、オススメの一品。
ふんわり名人シリーズは、他のチーズとかあるようですが、
そちらも食べてみようかと思っております。

こういう時って、ウズウズしますよね。
「いやぁ凄かったですってば、えぇ、いやぁご謙遜なさらずに」
とか電話するのも何ですし、メール出してもブログの宣伝だと思われたのか、
なしのつぶてという事もあったりしまして。えぇ・・・(しみじみ)。
ということで、それを自分なりに解消する方法を編み出しました(大げさ)。

近日公開しようと思ってます新ブログは、違う形の奇妙なキテレツ・ワールドとなると思います。
アチョー!

スレッドテーマ:スイーツ:グルメ

メイン

コメント

●not subject
やった!大復活ですね!!
改めて待っていたファンの多さに驚いて秒速で
追い抜かれてさっき見たらランキングも8位でしたよ~。
さすがですね。励みになります、復活うれしいですよ。
ところで
私もきな粉が好きですが、というよりあらゆる大豆加工品が好きなのですが。
ちょうど越後とはお仲間の(違うけど)京都は鞍馬山の麓からやって来ていた
きな粉まみれの“ぶつ”(472円)っていうのを紹介したんですよ。
きっとhonnaodaさんも“きな粉まみれたいだろう”気分におそわれるタイプのものだと思いました。
私もこんどふんわり名人、見かけたららトライします。
●>あんころりんさん
>あんころりんさん

きな粉まみれにして食べるってのは、いわば牛丼につゆだくと同じですよね。
あの気持ちがわかる方は、きな粉まみれの気持ちもすぐにわかる方です。
甘辛団子も大好きです、あれにきな粉がまぶされておれば、鬼に金棒。
あぁ、ため息しか出てきませんね!。
きな粉まみれのぶつ!、あんころさんの最新記事「美玉屋の黒みつだんご」ですか?。
これは神の仕業でしょうか。あんなにごんぶとになっちゃってまぁ、ねぇ!。

ところで、ランキングにUPしたのは、コネタ道場のお陰です。
http://dpz02.cocolog-nifty.com/dojo/2006/10/post_cf23.html
●ためしてガッテン!
こんばんは。
なぜか今日はさかのぼってこちらにコメントしちゃいます。
昨日、NHKの「ためしてガッテン」で、きな粉を取り上げていましたよー。
それを見ながら、ふとhonnaodaさんの「きな粉どんぶり」の写真が目にうかび・・
●>みなみさま
ガッテン!でやってたんですか、きなこ特集。
ワタクシは見損ねましたが、やっぱり健康にもよいとか?。
是非、みなみさんも、ドンブリを作られてみてください。
ただし、冷蔵庫などに入れておくと家族の人たちに嫌がられる事もありますし、
ドンブリを抱えてきなこだけを食べていたりすると、気味悪がられますが、
そのうち慣れてくれます(あきらめてくれるのかもしれません)。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック