--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年05月17日

猫に羊羹~江の島海苔羊羹~

enosima01_00.jpg

【関連リンク】中村羊羹店
素敵な海苔羊羹
猫の島と化した江の島に
海苔羊羹は100年の歴史。
これがなんともまぁ・・・!うまい
<<甘いものリンクはこちら
【イントロダクション~猫の島】
「江の島に行ってきたんだよ」
本ブログでも特別キャラとして登場する
我が弟、甘道エクストリーム・タロウが
連休を利用し、別名猫の島とも呼ばれる江の島へ直行。
なんでも、猫がワンサカといるんだとか。
enosima01_01.jpg

「猫!」という言葉を聞くだけでモナリザ級の微笑みが溢れだし、
これはきっと「特技!」と思っているくらい、当方猫好き。
ただ、微笑みが妖しすぎるのか、猫が遠ざかってしまうのが欠点です。
猫には気味悪い、薄笑いとしか思えないのかもしれません。フー
それに、前世で猫の悪さでもしたのか、鼻炎持ちであるため、
今だ飼った試しがありません。くちおしやー。
enosima01_02.jpg

暫く猫談話に盛り上がった後、『で、なんだっけ?』という話となり、
『江の島は海苔羊羹を求める旅』であった、ということに気がついたのです。

で、海苔羊羹って・・・何よ。。

【あらためて江の島!】
江の島って確かこんなところですよね。
enosima01_03.jpg
あ、写真が古すぎますって?。
でも雰囲気だけでもつかめましたでしょうか。

こんなのは如何ですか?。
enosima01_04.jpg
(おおーい、どこだここは!)
江の島マニアックさんより画像を拝借

水族館に展望台そして猫。ヨットハーバーもあり、湘南のシンボルとして有名ですが、
古くから信仰の場として栄えた由緒ある場所でもあります。
江島神社に縁起が漫画として掲載されておりますので、是非ここでご一読下さい
enosima01_05.jpg

【そして、海苔羊羹】
そんな日本三大弁才天として名高い江の島と共に発展し、
創業100年を迎えた、中村羊羹店
岩場から流れる清水を利用して念願の羊羹作りに成功したのが、大正七年。
日夜研究を重ねられ、数々の賞を総なめ。
名誉総裁賞も受賞し、名実共に江の島のシンボル菓子として有名なのです。
enosima01_06.jpg enosima01_07.jpg


海苔でも巻かれているんでしょうか?。
それとも、岩のりでも振りかけられているんでしょうか。
期待を胸にバリバリと封を開けてみますと・・・。
enosima01_08.jpg enosima01_09.jpg

黒糖とは違うようで、黒々とせず、白あんなタッチ。
近寄ってのぞけば、ちらちらと海苔が浮いているように見えます。
さらっとすくって、口に放り込みます。
enosima01_10.jpg

鼻に抜ける磯の薫り。ふんわりと漂います。
甘さが控えめなところが、非常に嬉しい限りです。

あっという間になくなり、2切れ、3切れとお腹に入ってゆきます。
それほど食べても、飽きが来ない。そして、ホントにうまい。
磯の風味で口当たりさっぱり、そしてずんずん食べていけるのです。
皆様も、100年の歴史、江の島海苔羊羹をご堪能下さい。

通販もやっているようですよ

スレッドテーマ:スイーツ:グルメ

メイン

コメント

●ふ~む
なかなか美味しそうですね。見た目、こんにゃくのような。
で、甘いのですね。
●not subject
子供の頃から、良く買っていましたけど、最近は全然買わない
海苔羊羹。片瀬江ノ島駅から、ほふく前進で行ける距離に
親戚があるので、良くスマートボールをやりながら
羊羹を買って帰りました。
最近は全然島の方へは行って無いので
たまには行って見ようかな。
駅の周りや、路地裏、島の港の裏とか
確かに猫が多いです。
ちなみに私の家も親戚も猫を飼っています。
最近狸も出ました。
アカフンうさぎも明日辺り出現しそうです。(^_^)v
●>kokoniさん、yoshiさん
>kokoniさん
こんにちわ。土曜は大雨でしたが、日曜は心地よいですね。
こちらの羊羹、なかなかのできですよ。
さっぱりとしてまして、1本さらっと(人によっては)食べられます。
甘いながらも、磯の味でもって、大変心地よい後味でした。

>yoshiさん
よく食べられていたのですか!。
これは、おいしいですよね。さらっといけるというか。
自分のブログで紹介する甘物ってのは、
面白いということが第一条件なのですが、
オリジナルティはもちろんですが、やっぱり僕は好きな味わいでした。

自分は弟から江の島マニアックというHPを紹介されまして、
ものすごいマニアック振りに恐悦至極だったのですが、
とにかくも猫が多いという事が記載されております。
いいところですよねー
●赤ふん着て江ノ島へ
土曜日に「赤ふんうさぎ」が手元に届きました。
このTシャツは世界で10枚しかないのだぞーと
思いながら、いつ袖を通そうかと思案中です。
気分はもう、ど根性ガエルです?

さて、江ノ島。
そう言えば暫く言ってないことに気づきました。
昔は、夜中に第三京浜で向ったものです。
その当時からこの羊羹はあったわけですが、
あの頃は、こういうものは目に入らなかったなぁ。
それにしてもうまそう。
海苔がまぶされているのが湘南らしくて粋ですね。
防波堤のコンクリートに座りながら海苔羊羹なんて
いかすぜベイビー!
●羊羹に海苔?
こんばんは~
日本全国、まだまだ美味しいものがたくさんあるのですね。

江ノ島には一度だけ行ったことがあるのですが、
このような羊羹があっただなんて知りませんでした。
ちょっとだけ、かるかんにも似ているような・・・・

それにしても、羊羹に海苔だなんてどんなお味なのでしょう。
食してみたいわ~  取り寄せてみようかなあ・・・
あまり甘くなさそうな気もしますが、いかがですか?
●>ジョーさん mamiさん
>ジョーさん
こんにちわ。
Tシャツはほんと、ありがとうございました。
色々な方々のご協力を得まして、
なんとか10枚になりました。
自分も1枚買いましたが、あのうさぎTシャツを着て、
町に繰り出してやろうかと思っております。

外で食らう海苔羊羹。あぁオリジナルな感じしますよ。
誰もやってなさそうです!。やってみたいっす!。
※私の父は、遠足に羊羹1本持って行ったことがあるようです。
甘党は遺伝だと思われます。

>mamiさん
いつもながらお返事が遅れ気味ですみません。
ところで、この羊羹ですが、なかなかの物です。
甘すぎず!(やっぱり甘い)。
海苔の風味が心地よく(後味はさっぱりです)。
江ノ島ってことで、江ノ電やら猫やら色々思い出しつつ、
物思いにふけるってのも、乙なもんです。
トラヤの羊羹を1本かぶりつくのは、かなりの冒険者ですが、
こちらの場合は、軽くすぐさま、なくなるかと思います。
「おや!」とか「あれ!!」とか、言っているとすぐです。
●not subject
こんばんは、お久しぶりです、私も江ノ島羊羹大好きです、ただ中村羊羹店は存じ上げず、玉屋という島の外の老舗のを愛用してました。こんど頑張って猫島までいってオススメ品を入手したいです。そういえば村上春樹の「東京するめクラブ 地球のはぐれ方 」でもここの猫島なお話がありましたよ。
それからT-シャツ配送されたみたいですが、現在東京を離れていて来月まで実物を手に出来ません、本当はハワイ島のヒロで着てみたかったんですが。帰ってからの楽しみにします。
●>あんころりんさん
どうもこんにちわ!。
Tシャツはほんとに有り難うございました。
おかげさまで、何とか商品化となりまして。
ハワイかぁいいですねー!、Tシャツ是非とも
ハワイに着て欲しかったですねぇ!。
ハワイと赤ふん。ミスマッチでいいですね!。
ところで、今回の羊羹。
非常に僕的には好みの逸品となりました。
是非とも食べてみてください!!。

そして、帰国後はハワイの甘味をご紹介下さい。
暖かい国はいいですよねー。
●お久しぶりです~
江ノ島は、にゃんこが多いのでつい話かけてしまいます。
可愛いですよね~。
にゃおにゃお、にゃぁ~!
羊羹は苦手部門なのですが、これならあっさりしてそうで食べれそうですv-16
●not subject
>まりたまさん
お久しぶりですね!
猫は大好きです、いいですよね、猫。
あれで体が大きかったら、人間なんてひとたまりもないです。
犬も好きですが、やっぱり猫の方がいいかも。
小さい子猫とかいると捕獲してしまおうかと思うこともあります。

こちらの羊羹ですが、甘いにもかかわらず、
あっさりです。個人的にはもっと早く出会いたかったです!。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。