FC2ブログ
2006年03月10日

和風だけどドイツ菓子。江戸陶菓子ケッセル


ジーゲスクランツ
・東京都世田谷区梅丘1-20-13
・03-3426-7755
・10:00~18:50

陶器で出来た、ドイツ菓子ジーゲスクランツのケッセル。
にやりとさせる、思いが詰まっています。
<<甘いものランキング確認
【江戸陶菓子】
藍色の色合いがとっても純和風で素敵。

釜は重たくてずっしりしていて、ナンダカンダとっても安心出来るんです。
バイオリンの音色より、尺八やら大正琴。
クラシックよりも、越天楽といったところでしょうか。

実は先日、「Cafe 海・色・窓since2005」ブログのジョーさんの
事務所にお邪魔して、帰り際、ジーゲスクランツのケッセルを頂いたのです。


カフェをイメージしたという事務所にはレコードプレイヤーが。
荒井由美やいるか等の懐かしの70年代サウンドが、控えめに品良いBGM。
心地よく素直にすーっと心に染みこんでくるのです。
レコードをかけた後のパチパチという音色。
一呼吸置いてから始まる、あの間が懐かしいです。

実は私が幼少の頃買ってもらったレコードは、ポンキッキでかかっていた
「ホネホネロック」なのです。あの狂ったようなギターに絡むシンセの音色、
「ホネホネロック!」と叫ぶ女性のコーラス部分。
『この場でホネホネロックのレコードをかけてみたい』。
密かにそう思う私でした。

<<ホネホネロックが動画で音声付きで見れます!(クリック!)>>
幼稚園の頃、私はポンキッキでホネホネロックがかかると、
取り憑かれたようにクネクネと踊り狂ったものです。
かつてコアな人気を誇ったSOFT BALLETですが、
森岡賢氏の妖艶なダンスを見た瞬間、
『あ!ホネホネロックだよ!』と思ったことを思い出しました。それ以来のファンだったのですが、バンドは惜しくも解散。

甘いものを書くのをすっかり忘れておりました。

【釜めしではありません】
ジーゲスクランツはドイツ菓子。
ドイツといえばテクノの大御所クラフトワークしか思い出せませんが、
そんなテクノカットな甘道男にも、満足の行く釜ケーキが登場するのでしょうか。
『この商品は釜めしではありません』という但し書きから始まります。
ちょっとした遊び心に、にやりとさせられ、期待感がふくらみます。


そーっとはがしてゆくと、敷き詰められたチョコレート。
思い切りがっつりとスプーンを入れ、ざっくりと頂きます。
ケーキは奇をてらわない、スタンダードなおいしさで勝負。
クリームで口がいっぱいになったところあたりから、スピードアップ。
釜飯のように、一人一つあてがってもよいくらいの食いっぷりを発揮。
寸分の狂いなく、一心不乱な勢いで完食したのでした。


食べ終わった後にも、何かが残るわけです。
この釜でほんとに釜飯を炊くことも出来るんでしょうか?。
とにかく、こういうお得感。人を楽しませるとともに、
作り手の気持ちを伝わってきそうな、素敵なケーキでした。

【編集後記】
今回も読んでくださいまして、ありがとうございます。
ジョーさんは前の会社の先輩に当たる方でして、
現在は起業されており、私も非力ながらも応援しております。
ブログを訪れたことのない方は、是非一度アクセスを。
Cafe 海・色・窓since2005

<<甘いものランキング確認
そういえば、3月の下旬にマンションに引っ越すのですが、
先日、管理組合役員選任のお知らせという、ありえない手紙が
届きました。この植木等ばりの無責任ケセラセラ男に何が出来る
とでもいうのでしょうか?。小学生の頃から学級会などありますと、
議題がつまらなく、昔から物思いにふけってトリップしているときが
多かった為、通信簿には『傍観者』などと書かれたくらいなのです。
しかも、8月には国家試験受けるというのに勉強も進んでないし、
一日が48時間あって欲しいと思うくらい忙しい時期になんというタイミングのよさ。
といいつつ、興味本位で結構やる気だったりして。

メイン

コメント


こんにちは!お久しぶりですWOODYさんです。
 今コートドールとやらのカカオ70%とやらを10日ほどかけて食べているのですが、なかなか減りません。やっぱ甘いのがいい・・・・。
 
 読むところがたくさんあってめっちゃ時間かかりました。
んで、まったく話が変わるのですが、神戸シェフズクラブのプラチナプリンをいまだに売ってないか探すのですが、売ってないんですぅ~。
 みっけたらぜったい買い占めるのに、私の心と裏腹にコンビニやスーパーは置く気配がナイ。たべてゃ~。(名古屋人)

先日は遅くまでありがとうございました。
深夜に持ち帰るには、釜飯はちーと重かったかもね。
あまっさえ、僕の軟弱ブログの紹介までして頂ききょーしゅくです。
honnaodaさんにもらったチョコは、中身を全部出して事務所の壁に
「隠し絵」として貼りました。(TBしときました)
ここのケーキは、おみやげに持っていくと喜ばれるんですよね。
僕は中野坂上店が近いので、近くまで行った時はアップルパイを必ず買って帰りますけど。
もうすぐ引越しですね。しかも管理組合の役員とか。
honnnaoda氏!向いてると思うよ。
落ち着いたらまた遊びに来て下さい。
「ホネオネロック」のレコードを探しときます。

>WOODYさま
あ!WOODYさんだ!!
ヒャッホー、お久しぶりです!。
やっぱり、チョコレートは甘いに限りますよね。
カレーにも砂糖かけたりするくらいですので、
根っからの甘党としては、ミルクチョコレートは最高です。
神戸シェフズクラブないですか、東京よりも名古屋の方が
地理的には近いものの、置いてないとは・・。
ちなみに私が今探しているのは、竹炭のシュークリームです。
しかも、そろそろ手に入りそうな予感がします。

>ジョーさん
先日は誠にありがとうございました。
重いなんぞとんでもないです、お土産の甘い物が楽しみで、
かなりの軽やかステップで帰宅しました。
甘い物ならば樽酒くらいの大きさでも持ち帰るでしょう(ケーキに限定)。
管理組合はまぁ珍しい物をやらさせて頂く気持ちでやります。
ただ、傍観者と言われた男ですから、どうなるやら。
100%チョコレート、気に入って下さいましたでしょうか?。
今度ジョーさんのブログで、貼り付け具合を紹介して下さい。
また珍しい物(レコードか?)を持ち寄って、遊びに伺います。

いいなあ、この但し書き。笑えます。このチョコレートのおいしそうなこと。
私はLP、アイドルからクラシックまで100枚以上ありますが
良く考えて見たらプレーヤーを捨ててしまったので
なんとかせねばと思っています。
私が初めて買ったレコードは山口百恵です。

>yoshiさん
ですよね!、この但し書きがちょっと、キュートなんです。
くすっとしてしまうところで、気がゆるんで心も許してしまいそう。
ジョーさんも言ってたのですが、今は中古やさんに行くと、
LPがそれこそ100円とか200円とかで売られているとか。
これは買いです。プレーヤーは家電量販店に行くと
ほんとに安価な値段で購入できます。僕も1台持ってます。
ところで、猫さんのお声聴きましたよ。僕は猫も犬も好きなほうなので、
ほほえましく聴かせていただきました。是非、続編も!。
女子十二楽坊を聴かせたりしてます?、そのときの反応とかは??
動物もよい音楽はわかるんじゃないでしょうか?。
心は相通じるものがあるきがしますよ、同じ動物ですから。

そうなんですよ。私はその量販店に勤めています。
内情知っているので電化製品はなかなか買えません。(逆に)
情報鮮度が早いので、でも古いステレオは古いのでも
充分味があります。まだ20年くらい前の物を取り寄せてくれという
お客様がいっぱいです。このごろオークションでLP手に入り易くなった
のと、DVDに焼き付けて残しておこうと言う方が増えて
プレーヤーも売れてます。

20年前のものですか!。昔うちには、親父が買ったという
古るーいステレオが置いてありました。でっかいスピーカーが
2台。結構、いい音を鳴らしておりました。懐かしいです。
「昔のステレオはみんなこんなにおおきかったんだ」とか
解説を聞きながら。今はDVDに焼き付ければいいんですよね。
でも、あのレコードのアナログは良さは久しぶりにふれると
たまらないものがありますね。自分で裏返しにしないといけないのも、
また一手間かかって逆にいいですね。

中身もっと見たいです。
蒸しケーキみたいな感じなんでしょうか?
そして大きさはどんな感じでしょうか?
でもこれはどう考えても小皿に取り分けて食べるなんて無礼なマネは許されない類のものですよね?
スポンジ生地なのか、それともスフレ生地なのか、とか下にもクリームが敷き詰められているのか。
とにかく想像を掻き立てられます。
そんな奥ゆかしさもこのケーキの魅力の一つなんでしょうね。

>チチさん
こんばんわ。このケーキはスポンジ生地にクリームの入った
チョコレートケーキでした。表面にはチョコレートの削り節の
ようなものが細かく敷き詰められてまして、がっつりと頂くと、
カリカリという心地よい音が口からしてきます!。
壺を抱えて食べるというシチュエーション事態が珍しく、
少しニヤニヤしながら、食べました。是非、食べてみてください!。
一気にがっつりと行くしかないです!!

こんばんは。何年振りかでホネホネロックを聴く事が出来ました。がなんと放送自粛用語でいきなり始まってるんで衝撃を受けました。きっと今放送できないんじゃないでしょうか?ソフトバレエは2年位まえにちょっと復活してましたね。ドイツといえばクラフトワークは基よりニナハーゲンとかノイバウテンとかちょっっと恐い印象の人たちも思い浮かびます。
なんか変わり者が育めるんでしょうか、この釜からスポンジケーキってのも恐いようなすごいような。
ドイツ人に近田さんのビブラストーンを紹介したら狂ったように聴きまくってました。自国でもプロパガンダしていたくらいで。やはりちょっと変わっていた気がします。

>あんころりんさん
こんばんわ。ホネホネロックいいですよね、案外よくって。
子門さんのボーカル、ロックしてますねぇ、いい声!。
ところで、ソフトバレエ。
かなり個性的だったので、結構面白くて好きだったんです。
また解散しちゃいましたねぇ。
あれはあれでやっていればいいのにって思っちゃうんですけども。
当事者達の心境は違うところにあったんでしょうかねぇ。。。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

情緒不安定と傍観者 from Cafe 海・色・窓  ..
honnaoda氏のブログにこんなくだりがあった。”小学生の頃から学級会などありますと、議題がつまらなく、昔から物思いにふけってトリップしているときが多かった為、通信簿には『傍観者』などと書かれたくらいなのです。”それで思い出した。僕は通信簿にお決まりのように「 [Read More]