FC2ブログ
2006年01月25日

復刻堂コーヒー牛乳~瓶に入った懐かしい口当たり


(関連ページ)
ダイドードリンコ㈱復刻堂

ダイドーの復刻堂シリーズ。
なつかしのあの味この味を復活。
コーヒー牛乳の瓶の感触を楽しみつつ、
懐かしい思いに馳せてみました
<甘いものランキングはこちらです

【なつかしの瓶に入ったコーヒー牛乳】
ダイドーの自販機を見れば、復刻堂一色という事さえ。
昭和30年から駄菓子屋で売られていたというオレンヂサイダー。

オレンジを「オレンヂ」というなんて、いなせじゃないですか。
古いものが全て良いものとはいえないにしても、
何故か「古きよき物」と一気呵成に言ってしまいたくなるような。
そんな懐かしさを感じさせる新作を手に入れました。

前回、リボンシトロンを捜し求め、パルプンテな旅を続けた私。
灯台下暗しで近くの自販機にあったというオチがつきました。
以前の記事
リボンシトロン復活祭!ええじゃないか!なノリで!


今回はカミサンの一声でコンビニに直行。
手にしたのがこの、瓶に入ったコーヒー牛乳なのです。

【笑いのツール】
風呂上りにコーヒー牛乳、健康にはコーヒー牛乳Tシャツ
そこまでゆけば、たいしたものなのですが、
私の幼き頃は既に銭湯は懐かしの産物になりつつありました。

そこで思い出すのは、給食にたまに出るコーヒー牛乳でした。
何故か笑い上戸の私としては、牛乳を飲む一時は一種の緊張の瞬間。
『お地蔵さん!』とか、なんでもない一言二言で噴出してみせるのは序の口。
コーヒー牛乳が配られたある時なんぞ、噴出す口を押さえてみると鼻から出る始末。
「口と鼻って繋がっているんだね!」なんて皆で笑いあったり。
スタバやターリーズで鼻からラテを噴出したりしたら、笑いあうどころではすまないでしょう。
やっぱり、コーヒー牛乳はそんな「古きよき」笑いのツールだったのです。

でもって、その笑いツールとやらを、頂くことに致します。
牛乳キャップではないんですね。そこまで復刻していない模様。

牛乳瓶を口につけるなんて、何年振りでしょうか。
あの口ざわりといいましょうか、なんというか懐かしい瓶の感触。

ヒンヤリとさせておいて、様々な思い出を蘇らせるのが得意な、この瓶。
ソロリとコーヒーを喉から流し込むと、わりとさらっとした味わい。
甘さが懐かしさと共に心にまで染み込んでゆくようでした。

【復刻堂てれびより復活情報】
ダイドーの復刻堂は、「復刻堂てれび」から情報キャッチ。
1月30日には、みかん水が発売されます。
これも銭湯の定番メニューだった奴ですよね。


後は、昭和40~50年代の味わい懐かしのガラナ。
一瞬、うなぎパイ同様な、夜のお供なイメージを浮かべますが、北海道では定番な、炭酸飲料。



口に出すだけでもかわいらしいミルクセーキ
ミルクセーキといえば、長崎名物でもあるようで
飲むばかりでない、食べるミルクセーキもあるみたい。



冒頭でも紹介した、駄菓子屋の粉ジュースの味わい、
オレンヂサイダー。ファンタオレンジみたいな。。



じゃばらがイカス、ミルクコーヒー。
(このジャバラを復活させるために設備を作ってしまったとか)

もうなんだか、キーボード叩いて文字打っていても楽しいという。
知れば知るほど、作り手の愛情やらコダワリがこもった逸品と納得
大事に飲みながら、あの時に思いを馳せつつ飲み終えました。

【編集後記】
今回も読んでくださいまして有難う御座います。
ダイドーは最近、かなりいけてますね。
会社の近所にダイドーの自販機があるのですが、
復刻堂が人気なのでしょうか。
かなりの割合で復刻堂が占めているのです。

そして、以前も書いたのですが、
自販機がしゃべるんですよね。
ダイドーの海洋深層水を買いましたら、
「あたり~!」とかでっかい声が聞こえてくるので、
びっくりしていると当たったから、早く押せと
自販機が言って来るじゃないですか。
しかも、早く押さないと消えちゃいますよとか、言って来る訳です。
慌てて同じ物を押してしまいました。
もうかれこれ5~6本あたったので、結構得してます!。

まだまだ寒いですね。
お気をつけて。

ブログランキング参加しております。
もしもよろしければ、1クリックしていただくと私に投票されます。
宜しくお願い致します。

関連記事

メイン

コメント


こんにちは。
この手の話になると、どーしてもコメントしたくなってしまいまする。
復刻堂って面白いですね。せちがない世の中になったのか、
それだけ時は過ぎたということなのか、いずれにせよまたこういうものにお目にかかれるのは嬉しい限りです。
ミルクセーキ、ありましたねぇ。名前がおししそう!
コンドイツクルレンラクマツ  

いっときますが、おししそうでなく ”おいしそう~”ですから。

>ジョーさん
まだまだ寒いですね!。復刻堂って面白いですよ。
ミルクセーキなんか特にそうだったんですが、
言葉をタイピングしているだけでも美味しそうでした。
言葉って不思議な言霊なんですね、いやぁそれだけに
恐怖とか書くと、タイピングしてるだでなんか寒寒としてくるし。
>コンドイツクルレンラクマツ
メール ヲ ウチマスネ! オマチクダサイマセ!
コンドハ アイ犬 と オアイシタイ デス

こんばんは。
最近ペースアップが顕著ですね、
何か目標でも立ててらっしゃるのか?
と思ってしまいました。
なにせのろのろの私ではコメントする方のペースが遅いくらいです。
どれもルックス的にはマニアックな細部への調整がありそうで
作る人の心意気が伝わりそうです。
ところで味的にも微妙なかんじを追求してるのかな・・と気になるところです。

>あんころさん
こんばんわ!。ペースは3日に1つが目標なんですが、
最近はさぼっているくらいです!、気が付くと日が経つのが早いですね。
でも、マイペースが一番ですよ。昔はランキングが気になって
2日に1ペースでUPしたりしましたが、長続きしなくなってしまいます。
この復刻堂シリーズはあんころさんがおしゃっているように、
作り手のコダワリがズンズン伝わってくる逸品ぞろいです。
飲みたくなるような、ちょっと怖いような路線がニクイですよね!

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック