--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年01月07日

やきいもパン誕生~五輪真弓と焼き芋


--ショートカット情報−−−−−−−−−−−−−−−−−
フジパン
やきいもパンを発売。
HPでは何故か、民話まで紹介しております。なんで?。
 <甘いものランキングはこちらです
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「やきいもパンだって?!」
誰しもが経験があるのではないでしょうか?。
「石焼き芋~」の呼び声にビクン!と反応。
お金を握り締めて買いに行ったことを・・・。
【五輪真弓と焼き芋】
私が幼少の頃、1,000円札を握り締め、駆け足で買い行った時のことです。
並んでいるのは、スーパーには無い程、はじめてみる大きなサツマイモ。
喜んで1,000円札を差し出すと、値段は1,500円からだったのです。
あまりに悲しい衝撃体験に、
初心な私はどうしようもなく佇んでしまいました。

幼き頃の思いでは鮮明です。
時は、1980年代。丁度、五輪真弓「恋人よ」が発売され、ヒットしたときです。
過去になりつつある愛を追い求める、悲しい旋律を思い起こします。

枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり
 雨に壊れたベンチには  愛をささやく、歌もない
 焼き芋を一つくれ~(省略)
石に焼かれるだけで、あっという間に値段が上がってしまうんですね。
しかし、美味さも跳ね上がるに違いなく、あきらめきれずにいると、
一つだけ新聞紙で包んでくれました。
幼い頃の「おもひで」です。
今でも、五輪真弓「恋人よ」を聴けば、パブロフの犬の如く、
焼き芋の事が思い出されるのです(実話)。

--さつまいもの歴史−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
江戸時代。京都でやきいも屋が登場。
何でも、栗「九里」に近いという事で、
八里半と言う看板を出していたようです。
そして暫くすると、十三里と言う看板を掲げたお店も表れます。
栗「九里」より「四里」うまいと言うしゃれからだそうです、粋ですねぇ。

そして、日本橋から川越が十三里だったということで、川越甘藷は人気が高かったようです。
埼玉の甘藷は、暴れん坊将軍(吉宗)が栽培の奨励をしたのがきっかけです
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【サツマイモが焼き芋に変化する瞬間】
とにかくも、新聞紙で包まれた、暖かくホクホクとさせながら食べる焼き芋。
石焼で焼かれたサツマイモは、ハマチからブリに進化するごとく、
「やきいも」として別の食べ物となるのです。
そんな焼き芋が、パンになったとくれば、俄然興味が湧いてくるもの。

一瞬、既に伝説と化している「やきいもオ・レ」を思い出しましたが。。。

まず目を引くのが、新聞紙を再現したパッケージ。
そして、ホントに焼き芋らしいパンが、かわいらしいのです。
思わず、そして、どうしても手にとりたくなるような魅力が満載です。


新聞がプリントされている紙袋から取り出し、まるで焼き芋気分。
真ん中あたりから折れば、
中から黄色い芋あんが見えてきます。
パクっといけば、当然の如く、焼き芋味。
思ったとおりの味に、
ニヤリとさせる味わいでした。


【編集後記】−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
今回も最後まで読んでいただき、有難う御座います。
寒いです。身が引き締まりますが、引き締まりすぎという話も。
南の国に行きたいですね。暑すぎるのも困りますが、
沖縄とかどうでしょうか?、毎日泳いでいたいです。

私がニューカレドニアに行った際、
あっちの方々は、働く日よりも休みの日が多いと聞いて、
世界にはそんな国があるんだなぁなんて思いました。
次回、生まれ変わる際には、是非とも暖かい温暖な国に行きたいです。
日本も四季折々あっていいことはいいですよ。

 <甘いものランキングはこちらです。
出来ましたら、クリックをお願い致します。

関連記事

メイン

コメント


こんにちわぁ☆☆
五輪真弓と焼き芋の思ひ出…甘ーい記憶?ですね
英利香もお金が足りなくて、子供ながらのずるい手法(ものすごく悲しい顔をして、目を潤ませる)で色々品物を頂戴してきましたからねV(▼∀▼)V(←今でもたまにする・笑。)
…余談は置いておいて、焼きいもパンめちゃ美味しそうですね♪
黄色いあんが黄金色に見えた英利香さんです(笑)

>英利香さん
こんばんわ。
実は白状しますが、五輪真弓を、僕は「ごりん」さんと呼んでおりました。
「オリンピックじゃないの!」なんて一人で喜んでた時もありましたが、
早く間違いを気が付いてよかったです(小学生の時、気が付く)。
なんせ、無印を「むいん」と呼びつづけ、高校生になって女の子に
「違う!」と言われた男ですから。
焼きいもパン、味は落ち着いた焼きいもの味わいです。
しかし、その味わいを待っていたので、嬉しかったです。
是非機会があれば!。

こんばんは。
先日私は軽トラックの果物屋の前を通って
「美人はおまけするよ!」って言いながら
私の顔を見て、その後無視される、とう
悲しいおもひでを作ってしまいました。
その軽トラが焼き芋やさんと同じタイプだったので
最近は焼き芋やさんを避けて通るようになりました。
いい大人になってからとんでもないトラウマになってしまいました。
つくづく人間の美醜のプライオリティの高さを感じた次第です。
大人になると経済的余裕は出来ますが
美醜はコントロール出来ませんからね。
多分ずっとこのトラウマをの頃の人生引きずりそうです。
焼き芋屋さんで買えないので今日も自分でおいもふかして食べてます
すごーくうまいのでとりあえず悲しみは忘れられますが。
でもやはり焼き芋やさんは皆さん哀愁をかんじるのですね。
そうだラテン系の焼き芋の哀愁を帯びた歌がありますよ、
昨年あたりはごく一部で話題になりました。

最近食べていませんが・・・・・
なんだか子供の頃焼き芋買いに行く時って、値段が分からなくっ・・・・・・
買う時ドキドキしていた事を思い出しました~
最近は、残念ながら焼き芋屋さんもあまり見かけないですネ!
焼き芋パンにやきいもオレ・・・・
よく見つけてくれましたって感じですネ(笑)
美味しそう~です☆

焼きいもパンですか~。普通のお芋パンと違ってこちらは形までお芋風ですから、舌だけでなく目でも楽しめますね。
焼きいも同様に温めてみても美味しいかな?(笑
包みにプリントされたおじさんのイラストがなんとも可愛らしく好感が持てます。フジパンさん、なかなかやりますね(笑

>あんころりんさん
こんばんわ。
焼き芋屋哀愁話、しかと受け止めました!。
私の場合、あの太いサツマイモを握るたび、
五輪真弓の「恋人よ」という旋律が頭をよぎるのです。
たまに、「鳥になれー」という旋律だったりもします。
どっちもでも、同じだったりします。
「ラテン系の焼き芋の哀愁を帯びた歌」ですか!。
これはなんという曲でしょうか?、私のリサーチ不足です。
それで一曲、酒の肴に飲みたい所存です。
>cherry2005さん
そうですよね、焼き芋って値段わからなかったですよね。
でもって、案外高めだったりして。
最近、スーパーの近くに焼き芋屋がたむろしているのですが、
「もう、100円でいいから買ってって-」って話し掛けられます。
バブル崩壊かよとか内心思いつつ、昔のことが忘れられず、
かわずに通り過ぎたりします。やきいもオレ、お互い挑戦しましょう。

>bloodkeyさん
こんばんわ。
フジパンは、色々とやってくれますよね。
HPで何故か昔話を披露しているのには唖然としつつ
かなりグッと来ましたが、メープルメロンパンの中では、
フジパンが一番だと思います。
是非、試してみてください。食べてみると、焼き芋なんですが、
買うまでも、楽しいんです。

>あんころりんさん
こんばんわ!、焼きいもの歌、有難う御座います。
ミリオンにはならないまでも、一部のマニアに受けたようですね。
アマゾンの評価の年月日をみると、2002年とかのようですので、
相当前の話ですね。しかしポンキッキ、あなどれない番組だぁ。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。