--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年12月09日

一戸名物 極薄かりんとう!



■小倉菓子舗
0195-32-2438

かりんとうって、棒状ばかりではないんですね!。
創業百十余年という、一戸名物「かりんとう」。
噛めば噛むほどに美味しさが倍増。
お初です!、この不思議かりんとうは、極薄の直径10cm。
バリバリと言わせながら、豪快に頂きました。
<甘いものランキングはこちらです
【ズッコケ三人組とノンタン】
小学生の頃、
ズッコケ三人組が大好きだった私は、
モーちゃんのお母さんが話す
「かりんとうが東京名物だ」という下りを読み、
初めて、東京という場所を意識した
思い出があります。

*********************************
かりんとう~はじめて物語風
漢字で書くと花林糖。
諸説あるようですが、
歯ごたえが「かりかり」から、かりん糖、
「花林の木の色に似ている」ことから「花林糖」だとか。

遥か昔の630年頃、
遣唐使により輸入された数種類の揚げ菓子。
それが京都から江戸に伝わり、江戸時代中期頃には、今のかりんとうとよく似たお菓子が誕生。
その後、明治8年の浅草。
細長く切って油で揚げ、黒糖蜜をまぶした棒状のお菓子が大好評。
江戸時代、白砂糖は上菓子にしか使われない上等品。
そこで、黒砂糖を使用したんだとか。

花林糖に歴史あり。なんと奥深いんでしょうか・・・。
【参考; なにわ銘菓会HP参考
*********************************

【突然の出会い・・・】
ところで、ある日の事。
ひょんなことで、極薄かりんとうと出会うのです。

いつもどおり、休日の昼下がり、フラフラと散歩していると
地元密着型の酒屋に足を踏み入れます。
「ほほー、こんないい店もあるのかぁ」と思いながら店内を見渡します。
所狭しと並ぶ地酒に並び、つまみやお菓子類が並びます。

キャラメルコーンが88円だったので、それを手に掴みレジに直行する途中、
東北地方のお菓子ばかり集めたコーナーがあるじゃないですか。
そこで出会ったのが、青函トンネル羊羹と、この「かりんとう」だったんです。

ここで一句
『羊羹を 手にとり佇む 甘道男』

字余りです、お粗末でございます。
とにもかくにも、甘道男を再認識する一時です。
迷った挙句、極薄かりんとうを選びます。

ノートパソコンもテレビもそうですが、
薄型そして軽量型になりつつある今日この頃、
時代のトレンドにもピッタリじゃないかと思い、断腸の思いで選択。
ただ、なんで両方とも買わなかったのか、今でも不思議です。

「一瞬、豚肉っぽいフォルムだなぁ・・」とか呟きつつ
バリバリ言わせながら、食べ続けると、
懐かしい手作りの味わいが、心に暖かく響きます。

いわゆる黒糖かりんとうとは一線を画します。
噂によると一戸を離れても、懐かしくて買い求める人が多いとか。
頷ける逸品でした。

<<甘いものランキングはこちらです。
極薄かりんとうを食べたいと思った方!クリックお願いします!



*************************
編集後記

最後まで読んでいただきまして、有難う御座います!。
最近、ブログ仲間の方々で閉鎖してしまう方が多くて・・。
つい最近は、ゆうかのスイーツライフさんが閉鎖。
いつもコメントしていたわけではないのですが、
料理の上手な方で、「ほえー!(感嘆)」と思ってよくみておりました。
閉鎖は、色々な事情があったようです・・・。
きな粉のブログさんもいつの間にか、更新がなくなってしまいましたし。
あの方は、自らの調査結果を惜しげもなく公開する方でした。
とっても勉強になるブログだったのです。
どちらにしても、寂しいものです。

ランキング上位も僕がはじめて登録した時とは、
メンバーの方々が様変わりされております。
僕が目標にしていた、くるくるスイーツさんが8位。
くるくるさんより上に行くなんて、あるとは思ってもいませんでした。
僕のブログも1年。長老になってきたんでしょうか。

そんな中、コメントいただける方、
コメントがなくとも、沢山の方が来て下さっております。
どうも有難う御座います!!。

なんだか、しめっぽくなってしまいました。
いや、なんだか仲間の方がいなくなっていくのは、寂しいですよ。

メイン

コメント


こんにちは。
乾燥してますねぇ。加湿器を買おうかどうしようかと
迷っている今日この頃です。
なんか、美味そうなかりんとうですね。
僕はコーヒー党なんですけど、コーヒーにかりんとうって
意外と合うんですよ。この手のかりんとうなら、益子焼の
コーヒーカップで一緒につまみたい感じです。
時にお元気ですか。
近いうち遊びに来てください。
美味いコーヒーをいれてお待ちしてます。

またおもろいもん見つけて来ましたね!豚肉・・・脂身もイイ感じ
で、写真で見るとホントに豚肉にしか見えません!!
ほ・・・本当は豚肉ですか・・・?(゜◇゜;)
棒状で黒糖かかってなくても、かりんとうなんですね~。本体の
原材料が同じなら、かりんとうって事になるのかな。
えーと、ブログの閉鎖・・・Σ( ̄Д ̄ノ)ノ
う~ん。。。わたくしも一時失踪してしまって・・・そんでもって
おめおめと戻って参りました。+゚(*´∀`*)。+゚ 
honnaodaさんは本当に凄いですねー。一年以上ずーっとモチベー
ション保ち続けて今回でNo.127ですもん!保つと言うか、グレード
アップし続けてますもん!!

>ジョーさん
こんばんわ、全く乾燥してますね。
家では加湿器をかけてますよ。
うちにあるのは、数年前の三菱製の加湿器ですが、
メーカーHPには数年前の機種情報は全くのっていなかったので、
秋葉原のヨドバシに在庫確認して買ってきました。
フィルターの在庫状況をみた限りでは、ナショナルと東芝が豊富でした。
(ご参考にどうぞ!)
>近いうち遊びに来てください
あとでメール入れます!、メロンパンの素を持参します!。

>kintonmameさん
こんばんわ!、もしかすると乾燥豚肉だったりしてね!。
あ!そういうのも美味そうですね!、あたらしい!。
そういえば、きんとんさんは失踪してたよね、でもいいじゃないですか。
今では、どこかで修行してたんじゃないかって勢いですよ。
あの4コマは実はご自身の修行中の告白でしょうか!。
空手バカ一代の1巻(漫画)を思い出しました!

この、豚肉美味しそうですね。
って違うって~、かりんとうでした。
形がなんとも惹かれます。
ゆうかさんのブログは、私も楽しみにしていたので、本当に残念でした。
毎日更新してますが、あぁ~今日はネタなしかぁ~ってこともたまに(笑)。
でも、何かあるはず~と、毎日来てくださっている皆様にも感謝しながら、カキカキしております。
昨日から、大分一部地域限定美味しいもの紀行?書いてますので、宜しかったら遊びにいらしてくださいね。

>まりたまさま
こんばんわ。そーですよ、乾燥豚肉と思って、
珍しい気持ちで食べて見てください!。
大分の記事読みましたよ、8箇所地獄めぐりですよね。
かなり、ツボでした。地獄で売る、極楽饅頭ってのがよかったです。
一寸先は、地獄だったり天国だったりなんですね、深いですー。

こんばんは。完全に出遅れて更新されてしまった。
まずはその酒屋さんが気になります。
どういう気持ちで品揃えしてるんでしょう?
よくまあこういう良いお店を引き寄せてきますね。
あ、ご自分で行かれる訳ですが。
さて、これは、豚肉もさることながら
あるいは「耳」に見えたりと
なかなかフリーキーなルックスですね。
内容としてはすごくおいしいそう、かなり食べたいです。
ここまで薄いのは小麦粉のかりんとうでは珍しいですね。
かりんとう、と言えば湯島の花月が私のスタンダードなので
「薄くてかりかりもの」フリークを自認する者としては
これはトライしたい一品です。

>あんころさん
こんばんわ。連続大福特集好調ですね!。
ところでそっかーって感じです。
耳ですよ、耳ともいえます。
僕は豚の耳を食ったことありますが、
なんだかすっぱくてしかたなかった思い出があります。
そんな思い出ポロポロで食べればよかったです。
鋭いですね!お試しください!。
そういえば浅草にある、小桜ってご存知ありますか?。
あそこもおいしいんだとか。

こんばんは。そうそう小桜ですね。
私は言った事ないけど観音裏ですよね。あの辺は好きなお店がいくつかありますが、ここは入ったことないです。今度いってみようかと思いました。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。