--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004年11月06日

チロルチョコきなこもち

チロルチョコから、「きなこもち」が出ていることは知っていた。
幼稚園くらいのころ、きな粉餅を喉につまらせて、
死ぬ思いをしたものの、それ以後もきな粉餅好きは変わらず。
そんな思い出深いきな粉餅が、チロルチョコ化されているという。

(余談ですが、自分のきな粉好きは年々昂じるばかり。
今では好きな甘さに調合しきな粉をラーメンどんぶりに入れ、
きな粉だけを食べます。私の幸せポイントです)





しかし、出会いはいきなりやってきた・・・あぁ。
毎日昼飯後に立ち寄るローソンで、
レジカウンターの横に売られていたのだ。
21円(税込)を払い、とにかく会社に戻る。

きな粉味のチョコってのは以前、食べたことはあります。
しかし、「餅」ってのが味噌じゃないですか。
あの小さな(縦横3センチ×高さ1センチ)チロルチョコに、
どのように餅が入るというんだろうか。で、餅の味は?。

とにかく食うことにした。
「匂いはまぎれない、きなこ」
「で、なんか堅い・・・。パッケージのようなやわらかい餅ではないのか」





きな粉飴って商品ありますよね。
駄菓子屋とかにあった、あのきな粉飴。
トロっとした食感に、きな粉の後味。
僕はあれをイメージしてたんですが。

でも、チロルチョコって最近色々種類も多くてとっても楽しい。
このきなこもちバージョンは小さなお子さんの間でも大評判の一品だという。
おいしいだけでなく、楽しいも追求できてしまう。
食べて見て、脱帽の一品には変わりない。
甘い物リンク集
関連記事

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。