--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年09月30日

せんべい界の革命!~ふんわり名人きなこ餅

etigoseika01_00.jpg

越後製菓ふんわり名人シリーズの、「きな粉餅」。
すさまじい出来映えでした。
これはセンベイ界の革命だと思われます。
山とかに向かって意味もなく叫びたいくらいです。

『この美味しさを知らなかったのは、もしかして自分だけなのではないか?』
はたまた、『世の中の誰しもがこの煎餅を知っていて、皆知らない振りをしているだけではないか?』等、疑心暗鬼の思いがつのり、危うく人間不信に陥るところでした。

ワタクシはきなこ丼を作り、年間を通して365日、きな粉を絶やしません。
そんな、きなこ好きでありながら、この商品を知らなかったのです。
何というテイタラクでしょうか。

泣けてくるぜ、全く。

ということで、今回は「ふんわり名人 きなこ餅」を、
まずは落ち着いてご紹介致します。
きな粉好きならば、読み終わった後、
居ても立ってもいられなくなるに違いありません。
<<甘いものリンクはこちら
続きを読む "せんべい界の革命!~ふんわり名人きなこ餅"
スポンサーサイト

スレッドテーマ:スイーツ:グルメ

2006年09月23日

ドクター中松のパノラマ島(後編)~iTuneも誤作動する氏の世界へ

nakamatu02_00.jpg

(前回までのあらすじ)
ドクター中松のパノラマ島に降り立ったワタクシは、
感激のあまり、「ドクター中松サイン入りフロッピーディスク」を購入します。
そして、ズウズウシイお願いも致しまして・・・。
前回の記事を読みたい方はこちらをクリック!

マバタキをするたびに、ビシバシと、衝撃で放電してしまいそう。
ドクター中松CDにiTuneまでもが誤作動し始めた。
そんな、奥深いドクター中松の世界へ!。
<<甘いものリンクはこちら
続きを読む "ドクター中松のパノラマ島(後編)~iTuneも誤作動する氏の世界へ"

スレッドテーマ:スイーツ:グルメ

2006年09月17日

ドクター中松のパノラマ島(前編)

nakamatu01_00.jpg

 先日、古本屋で『突撃!隣の晩ごはん』を手に致しました。
アポなしで突然訪れた、TVカメラとヨネスケ。
慌てふためく隣の奥さん達と、紹介されたホントの家庭料理。

 あの気っ風の良い突撃振りが、懐かしい限りですが、
ワタクシも幼少の頃は、今では考えられない、突撃を試みたものでした。
nakamatu01_01.jpg

 例えば、呼ばれもしないお友達の誕生日会に、突撃。
「今日、あいつの誕生日会なんだぜ」という友達について行き、
しゃもじの変わりに、小さなガンダムのプラモを手に、
ヒョウゼンと現れた事があります。
なんというか、隣の晩ご飯の走り、みたいなもんだと思いますが、
今は、そんな勇気はありません。

 しかも、プレゼントを皆で同じ駄菓子屋で買うので、同じガンダムだった恐ろしさ。
思い出しても、江戸川乱歩の「三角館の恐怖」並の末恐ろしいさなのです。

 でも、もうそのような悩み事は、コンリンザイ必要なくなってしまったのです。
あのHPを見てから。。。
突然の出会いでした、ドクター中松オンライン!。
そこでは、枯れ木に花が咲くような、そんな奇跡の花園だったのです。
<<甘いものリンクはこちら
続きを読む "ドクター中松のパノラマ島(前編)"

スレッドテーマ:スイーツ:グルメ

2006年09月10日

バーゲル?

bagelbagel01_00.jpg

 いつもながら、思いっきり甘道にマッシグラァでお送りしておりますが、
突然ですが、動画ポータルサイト「youtube」。
これって、どう読まれますか?。
bagelbagel01_01.jpg

 ワタクシは、つい先日まで「ユー・タブ」と呼び、
「風呂釜(バスタブ)のようなおかしな名前!」なんて一人笑っておりましたが、
おかしいのは、ワタクシの方だったようです。
なんでも、「ユー・チューブ」とか呼ぶそうですね。
ただ、もう事既に遅し、です。
至る所で、「ユー・タブ!!」と連呼してしまっている影響で、
カミサンも、「ユー・タブ」と発音している他、
会社の前に座っている女性でさえも、「ユー・タブ」と発音しているのです。

 このように、発音にはちょっとウルサイ、ワタクシですが、
今回は、あるスイーツの発音にまつわる、そんな微笑ましい出来事です。
<<甘いものリンクはこちら
続きを読む "バーゲル?"

スレッドテーマ:スイーツ:グルメ

2006年09月02日

元祖食玩 明治時代からの伝統芸

karakara01_00.jpg
 人生の粋な計らいで、素敵なお菓子と出会いました。
山形県鶴岡が産んだ名菓、「からからせんべい」。

 名前の如く、せんべいを振れば、何やら物音がカラカラ・カサカサと。
一発で、ただならぬ妖気を感じました。

 両手で握ってマラカスのように振る姿が頭に浮かんで来ましたが、
次々にわき上がる妄想の中、当然の如くワタクシは購入を決意したのです。
<<甘いものリンクはこちら
続きを読む "元祖食玩 明治時代からの伝統芸"

スレッドテーマ:スイーツ:グルメ

メイン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。