--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年04月28日

チョコバナナが瓶詰になっているだと!?

東京吉祥寺ロンロンデパートに、
突如、軽井沢にある自然瓶詰食品店が出店。
避暑地の雰囲気を醸し出すお洒落な瓶詰の数々!。
なんと、チョコバナナも瓶詰になっているようなのです。
甘道をひた走る私にとっては、渡りに船。
乗り込むように、デパ地下へと潜入します。

場所はすぐにわかりました。おばさんを中心に若い女性等、
「ごっそり」と人が集っているブースがあるではありませんか。
小さな手ごろな瓶が、理路整然の如く並ぶ様は圧倒。
よく見ると、瓶の中身がバラエティー豊かなのです。
続きを読む "チョコバナナが瓶詰になっているだと!?"
スポンサーサイト
2005年04月24日

吉祥寺発!イケメンが焼く、腰も砕けるタイ焼き

東京の吉祥寺っていいますと、若者の町という感じ。
京王井の頭線を使えば、渋谷にも乗り換え無しでいける
という事で、交通も便利。
そんな吉祥寺に、昔懐かしい横道があります。
道幅は1~2メートルあるでしょうか。
迷路の様に入り組んだレトロな横丁、それがハモニカ横丁。

そこに最近評判の、タイヤキ屋があるという。
ちょこちょこと雑誌にも掲載され、列をなしているという。
これも、カミサン情報でした。2人で小躍りしながら向かいます。
続きを読む "吉祥寺発!イケメンが焼く、腰も砕けるタイ焼き"
2005年04月22日

ビアードパパの、サクサクしてない!シュークリーム

「何でもすごいシュークリームがあるらしい」。
そんな噂を逸話を思い、シャトレーゼとかの
シュークリームしか知らなかったそんな日々に、
突然訪れたのが、ビアードパパだったわけです。

近くの西友の1Fに立ち寄ると、
かつてない甘い匂いがします。
そのスキャンダラスな出来事に呆然としながら、
夢を買うかのごとく、多くの人々が列をなして並びました。
ちなみに、隣には「コージコーナー」。どんな気持ちなんでしょうか。


その後、ビアードパパは出店ラッシュにわいた為、
「あっちにもこっちにも」状態になり、めずらしくもなくなりましたが、
最近久々に立ち寄ると、新作が出ているではないですか。
噂のモチモチシューとやらでした。どうやらサクサクしてないという。。。
続きを読む "ビアードパパの、サクサクしてない!シュークリーム"
2005年04月21日

談話室滝沢のタキザワ・イズム。1,000円均一チーズケーキ

あの独特の文化は、まさに殿堂入り(ソロモンの王宮か。。)。

「談話室滝沢」が幕を閉じてから随分と経つ。
(といっても、まだ1ヶ月くらいか)
一つの時代が終わったんだなぁ、という思いがした。
例えるなら昭和から平成を向かえたような、あんな感じでしょうか。


私が「滝沢」を知ったのは、いつだったでしょうか。
あるとき、飲み会で「炭火串焼 東方見聞録」に行く為に
新宿のとあるビルの階段を上っていると、

途中の階で、時が止まったかのような清楚な喫茶店があるわけです。
いっつも気になってた、それが「滝沢」だったのです。
(ただしそれは、「別館 滝沢」でしたが)。
続きを読む "談話室滝沢のタキザワ・イズム。1,000円均一チーズケーキ"
2005年04月19日

あぁ・・、ローソン限定のリラックマ!

またもや滑り込みセーフでした。
まさか、「ローソン・リラックマキャンペーン」が
4月18日で終了だとは思ってもいませんでした。


(↑「だれん」ですって。いいですねー)
対象商品はほんの一部という、狭き門。
もれなく、ステッカーがついてくるのです。
しかも甘い物を食べて、「リラックマ」の限定シールが手に入るのです。
願ったり叶ったり。濡れ手に粟。。。
 しかし、気が付いたのは18日。なんという事でしょうか。
これで手に入れられなくては、ローソンパス会員、失格でしょう。
宴は終わりかけております。
それはまるで、「祭りの後、静まる人並み」。
祭りが終わりかけますと、帰宅に急ぐ人々でごったがえしますが、
そんな中、流れに逆行する不思議な人を想像してください。
果たして間に合うんだろか!と思いながら、急ぎます。
続きを読む "あぁ・・、ローソン限定のリラックマ!"
2005年04月17日

危険!甘味グマ出没。『ウルソン』の絶品タルト

東京の多摩地区。
国木田独歩の「武蔵野」では
武蔵野の美しい自然情景が印象的。
言文一致の素晴らしい小説なのです。
(私はちなみに読んだことありませんが)

そんな大自然な多摩地区武蔵野に現れたケーキ屋『ウルソン』。
味よし価格よし雰囲気よしで、これまた人気なのです。

(↑得意げな、かわいらしい表情がお待ちかね)
『ウルソン』とはコグマという意味ですが、
武蔵野の大自然に生息するクマの親子が目に浮かんできます。
「もしやそこから・・・」と思うほど、幻聴としてクマの雄叫びが聞こえてきそうです。

看板にあるかわいいコグマに誘われるように、店内に入り、
まずは一番のお気に入りである、「バナーヌ」を購入します。
少し固めのクッキータルトに、ちょこんとケーキが鎮座。
『ウルソン』で一番好きなのが、タルトなシリーズです。

(↑本物はもっときれいです)
続きを読む "危険!甘味グマ出没。『ウルソン』の絶品タルト"
2005年04月15日

無炭酸コーラは祭りだ!

たまに新作甘味物の中で、「お祭り」と化する商品があります。
既に、うまい不味いは問題ではありません。
ゲーム業界の「スペランカー」のようなもんです。やってなんぼ。

(↑伝説のクソゲー。主人公が貧弱)

とにかく参加してみて、騒いだり喜んだりして、
一時の心の開放感を共有するという、
一体感を味わい、宴の後の静けさを持って、終わるという、
まるでそれはお祭り現象な、甘味物が出ております。

(↑祭りだ祭りだ! by北島三郎)

「無炭酸コーラ」。なんすかこりゃ。
「むたんさん」と変換しても、正確に変換出来なかった様に、
ATOKも想定外の出来事でしょう。


続きを読む "無炭酸コーラは祭りだ!"
2005年04月14日

きなこ味のきのこの山と、サザエさんの巾着タマ

栃木に行けば、おっとっと餃子味、
山梨では、パックンチョ巨峰味。
静岡ならば、アポロ緑茶味等、
アポロやカール。プリッツやパックンチョ。
地方に旅行に行けば、必ず手にする限定菓子。
そんな変種を微笑ましく見守り、
時にして触手を伸ばしてみたりもするものです。

しかし、これらはお土産用お菓子。
スタンダードには成りえない運命。
東京に行くと買ってゆくサザエさん焼きの如く、
いわゆる、土産菓子から抜け出せないのです。

(左画像:人形焼 右画像:サザエさん巾着 タマ 、なんかかわいいので)

ところが、たまにとんでもない製品が出るものです。
「関西限定 きのこの山 きなこチョコ」。


続きを読む "きなこ味のきのこの山と、サザエさんの巾着タマ"
2005年04月12日

食玩のゴルゴ13はブリーフ姿も披露・・・

最近は「食玩なんて・・・」と侮れないものです。
かわいらしいものやら、勇ましいもの。
とにかく言葉にできない変なものやら、
おびただしい量の数々に弾む思いがします。

ネットでカートで買ってしまうのもよいのですが、
あの当たるんだか当たらないんだか、というギリギリの瀬戸際。
またあれがあたっちゃうんじゃなか、という攻防。
これがいいんですよね。
コンビニでジーッと見つめるチビッ子を見ると、
何かドラマさぇ感じてしまうものです。
『さぁ若いうちは悩むがいいさ。俺も悩むけど』とか心で語り、
顔で笑って。以心伝心というところでしょうか。

懐かしいなめ猫。何に使うのかさっぱり。
買ったところで、存在自体を忘れそうです。
自慢にもならないの気もしますが、意外にノスタルジー。

(↑佐藤タマオ。その他、 ニャントニオ猪木、猫泉純一郎とか)
続きを読む "食玩のゴルゴ13はブリーフ姿も披露・・・"
2005年04月10日

チャールズ皇太子の作った、チョコビスケット!

タメイキが出ます、運命のイタズラでしょうか。
チャールズ皇太子再婚日に、彼の作ったビスケットを口にするとは・・・。

(↑しかしホントに結婚してしまうとは・・・。とりあえずおめでとう)

カミサンが意気揚揚とビスケットの箱を持って帰宅。
近所のデパートでイギリスフェアをやっていたそうで、
そこでチャールズ皇太子ブランドのビスケットをゲットしたのです。


カミサンの鬼の首を取ったかのような、威風堂々振りに、
つくづく、結婚してよかったと思う瞬間でした。
最近はお世話になりっぱなしで、ポンポンと不思議アイテムが出る様は
まるでドラえもんのようです。次は何が飛び出すのでしょうか。
続きを読む "チャールズ皇太子の作った、チョコビスケット!"
2005年04月09日

ちぎって食べる!民話・力太郎感覚のチョコメロンパン

先日(といっても数日前)、ファミリーマートで偉大なるメロンパンとの出会いがあり
更なる出会いを求めてファミリーマートへ。ローソンパスを持ち歩く自分にとっては
御法度な出来事ではありますが、事情があれば止む無し・・・。
もしよければ全制覇し、チョコチョコとアップしようかとも思っているくらいです。
そんな意気込みを持って、ファミマへ。

一応、「男のたしなみ」シリーズの在庫がないか確認し(パンとは一切関係ないのですが)、パン売場へと向かいます。
するとあるある!あるではありませんか。
「NEW」のマークがあるではありませんか!。
この瞬間、懐かしい友人に再会したようなヤサシイ心情になり、
自然と笑みがこぼれてきます。
とにかくも「NEW」とか「新作」及び「限定」と付く物には弱いものです。
『また出会ったか、NEWマークによぉ』って、こんな感じ。
ローソン、セブンイレブンを素通りし、ファミマへ向かった甲斐があったもんです。


続きを読む "ちぎって食べる!民話・力太郎感覚のチョコメロンパン"
2005年04月07日

黒船の如く突如現れた、キャラメルなデニッシュメロンパン!

世の中何が起こるか分かりません。
なんでも、宮本武蔵は修行と称して、
常に頭上から大きな石が落ちてくるかもしれないという
そんな緊張感を抱きながら、生活していたという(ホントか?)。

(↑やはり宮本武蔵は中村錦之助が一番しっくり来ます)

昨日突如、カミさんがコンビニの袋を下げて帰宅し、
中身がなんとメロンパン。しかもファミリーマートでしか
購入できない、「メロンペストリーキャラメル」ではありませんか。
早い話、キャラメル味のメロンパンというところでしょうか。
何が起きるかわかりません。こんなステキなメロンパンにありつけるとは。


続きを読む "黒船の如く突如現れた、キャラメルなデニッシュメロンパン!"
2005年04月05日

コーヒーゼリー入り!喫茶まるごとバナナ

やはり守備範囲がコンビニ⇔スーパーという域を越えらませんが、
実は、灯台下暗し!。あっとした甘味が、あっと驚く身近にあったりして。

で、「まるごとバナナ・カフェだと!」。
最近の「まるごと」シリーズは暴れぶりが弾けている感じがしており、
「元気なもんだ」と感心しておりました。
「まるごとバナナ」、「まるごとバナナチョコ」、「まるごといちご」など、
仲間は増殖中。そんな中で産まれたのが、「まるごとバナナ・カフェ」なのでしょう。

私は以前から、まるごとバナナにあだ名をつけており、
「まるごとババナさん」(←何故かババナと命名)と家族で呼んでおりましたが、
そんなあだ名で気楽に言っていいんでしょうか。


続きを読む "コーヒーゼリー入り!喫茶まるごとバナナ"
2005年04月04日

お寿司がグミになった!握ろうじゃないか

楽しく・面白く・美味しく。
どちらかというと、面白く!ありたいと思いながら
甘味物を物色する毎日ですが、
そんな甘味な男にぴったりのお菓子に出会ったものですから。。。

しかし、なんという想像力なんでしょうか。
創意工夫という言葉は、この商品にぴったりなのでは?。
人間の想像力に限界はなく、無限に近いことが証明されたのです。
明治製菓 「にぎにぎおすしやさん グミ」。


続きを読む "お寿司がグミになった!握ろうじゃないか"
2005年04月03日

ユニバーサルスタジオジャパンの甘味物!

ディズニーランドに行くと、そこらじゅうで屋台のようにお店が出ており、
ホットドックやら餃子ドックとか、まぁ色々とつまめるわけです。
その最たるものが、ポップコーンではないでしょうか。
でも、私はあの世界の中に入ってしまうと、頭が麻痺しているのか、
味が不味いのか美味いのかよく覚えていないのですが。


私は最近、5年近く勤めた会社を転職し、4月までの2週間くらいですが、
いい機会だったのであっちやらこっちやらに、旅行に行っていたんです。
ニューカレドニアでは心の洗濯が出来、年甲斐もなく前から行きたかった
ユニバーサルスタジオジャパンに行ってきたんですね。
そこでも一番気になることは、甘い物だったりするのですが・・・。

で、120分待ちのスパイダーマンを乗り越える為に、ポップコーンを食べて、
乗り切る事にしたのです。これが案外うまくて。


続きを読む "ユニバーサルスタジオジャパンの甘味物!"
2005年04月02日

月桂冠製の酒まんじゅうは、やはり違った!

甘い物マッシグラな男が、京都月桂冠発祥地に。
胃弱・腸弱にも関わらず、激しく甘党な男ですが、
不思議と構わず甘い物を探します。

京都の寺田屋の近くに、月桂冠発祥の地である、
伏見の月桂冠大倉記念館があります。
街はまるで幕末。歴史息づく息吹が聞こえる感じです。


(↑左 寺田屋がまだ残っております。坂本竜馬がまだそこにいるような息吹が)
(↑右 月桂冠大倉記念館 雰囲気のある記念館)
続きを読む "月桂冠製の酒まんじゅうは、やはり違った!"

メイン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。