--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年08月09日

まんじゅう神社が生んだ、薄皮饅頭


これが『まんじゅう祭りメインイベント、饅頭入刀だ!』

ところで、まんじゅう神社をご存知でしょうか?。

何を祭っているのか、皆目検討がつきませんが、
誤解を恐れず申し上げますと、上のような祭りが年に2回行われるようです。
是非とも、全国に分家を作りまくって欲しいです。

変わった物、変な事を知るとこの上なく浮かれ出す性格の為、
心の中で色めきたったのは、いわずもがな。
なんでも、「萬寿」と書くようです。当て字でしょうか。

そこでは、春秋の年に2回、まんじゅう祭りが開催。
そのかなりの盛況ぶりは、薄皮饅頭で評判の柏屋HPで紹介されております。
このまんじゅう神社は、どうやら柏屋が主催しているようです。

(↑薄皮饅頭の手作り体験も出来ます!。あー、やってみたい!!)

ご利益は縁結び。
良縁を掴む為、彼女と初詣はまんじゅう神社ってのも素敵です。

(↑寂しい。。。沢山人はくるんでしょうかぁ)

ところで、この「まんじゅう」。
事の始まりは、諸葛孔明の肉饅頭が始まりと言われております。

(↑三国志を読むと、実際に肉饅頭の話が出てきます)
その後、日本に伝わったのは平安時代。
餡子を入れて食べる、という手法が中国から伝来され、今に到るのです(調べました)。

カミサンの実家が福島にあるということもあり、
有名な柏屋の薄皮饅頭を頂きました。

『風味の良い薄皮に、たっぷりの餡。
  手ごろな丁度いい分量。
   思わず遠回りしてでも価値のある、美味しさ』
何をとってもパーフェクトな味わいなのです。

お勧めは、電子レンジでちょっと!温めて食べる、薄皮饅頭!。
油断すると破れてしまうくらい、デリケートな薄皮を、そっと頂きます。
手触りフンワリ、皮の風味がほのかに匂います。
餡はいい感じにしっとり、さりげない甘さ。


柏屋さんによると、てんぷらやバター焼きもいけるそうです。
ただ、バターは勇気いるなぁ・・・。

甘い物ランキング集(まんじゅう神社に行きたい人!)
スポンサーサイト

メイン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。