--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年03月15日

忍び食い 一気食い レディーボーデン

radyboden01_00.jpg

「男祭りホワイトデー」が終わりました。
デパ地下は、満足感を感じる程の賑わいでした。
新宿伊勢丹は、是非ドレスコードにして、半被に褌姿限定にしましょう。
御輿を担いで、ワイワイと練り歩きたいくらいの、男盛りだったのでした。

ということで、一気に口寂しくなった今日この頃。

あらよっとスーパーに立ち寄り、レディーボーデンを2箱抱え帰宅したのでした。
<<甘い物リンク集に参加しております
続きを読む "忍び食い 一気食い レディーボーデン"
スポンサーサイト
2008年01月25日

とっておきの!チョコパイ

toteoki01_00.jpg

ロッテのチョコパイは、古株のファミリー菓子。
パイの実、キャラメルコーン、ポポロンと並び称されてよい、
長寿菓子ではないでしょうか?。
<<甘い物リンク集です。
続きを読む "とっておきの!チョコパイ"
2005年04月19日

あぁ・・、ローソン限定のリラックマ!

またもや滑り込みセーフでした。
まさか、「ローソン・リラックマキャンペーン」が
4月18日で終了だとは思ってもいませんでした。


(↑「だれん」ですって。いいですねー)
対象商品はほんの一部という、狭き門。
もれなく、ステッカーがついてくるのです。
しかも甘い物を食べて、「リラックマ」の限定シールが手に入るのです。
願ったり叶ったり。濡れ手に粟。。。
 しかし、気が付いたのは18日。なんという事でしょうか。
これで手に入れられなくては、ローソンパス会員、失格でしょう。
宴は終わりかけております。
それはまるで、「祭りの後、静まる人並み」。
祭りが終わりかけますと、帰宅に急ぐ人々でごったがえしますが、
そんな中、流れに逆行する不思議な人を想像してください。
果たして間に合うんだろか!と思いながら、急ぎます。
続きを読む "あぁ・・、ローソン限定のリラックマ!"
2005年02月19日

利き酒ならぬ、利きチョコで新しい食べ方!


ロッテから出ました、「シングルカカオ」は
3地域の豆を使った、こだわりのチョコレート。
内訳は以下のとおりです。
ベネスエラ(エルピラール豆)
インドネシア(ジャワファンジー豆)
グレナダ(グレナダ豆)

自分で書きならがら、何度もタイピミスしました。
日本人の私としては、「産地の事を言われて何がどうやら・・・」という感じで、
「ピンとくるんだかこないんだか」。
「ああ、エルピラール豆だよね。うんうん・・」とすぐに分かる人にはいいのですが。私のような価値のわからない人にいくら説明しても、ヌカにくぎ状態ですよね。皆様、わかるのでしょうか。
そんなアヤフヤナバランス感覚に誘われ、ふとコンビニで購入。


蓋を開けると、「ロッテ提案 利きチョコの楽しみかた」
というカードが入っております。
これにはニヤリという感じです。これがいいんですよ。
こういうのって試すのが楽しいし、なんだか新鮮。
大事に作ったので、是非とも楽しんで食べてもらいたい、
という感じも伝わってきます。いいですねー。
「利き酒ならぬ利きチョコかぁ」
とにかく、利きチョコの食べ方はおいておいて、普通に食べてみることにしました。

さっそく食べてみます。3種類あるので味がわかるかどうか。
苦いものから、順番に食べてみます。
エルピラールはカカオ54%。甘いような苦いようなという感じ。
グレナダはカカオ70%。さすがにシャープな苦さ。
ジャワファンジーはカカオ38%。甘いです。甘党の私はこちらが好み。


口に口内炎が出来ているので、一度に食べ過ぎに十分注意、
利きチョコまでは行いませんでした。
まだ口内炎くらいならいいほうです。顔に湿疹が出始めたら
また甘い物を断絶しないとなりません。

噂によると、フランスの方とかは、まずカカオの香味を楽しむそうです。
CMで「香味焙煎」とかいってコーヒーの匂いを楽しんでますが、
まさにあの香味焙煎状態。さすが違いますな。
でもって、ミルクはどうやら邪道。あくまでビターにこだわり、
カカオの香りを楽しみながら、珈琲とか飲むんだそうです。
ため息が出ますね。どこのブルジョワでしょうか。

幼少の頃、チョコといえば甘い物。特にキットカットがお気に入り。
まさか地球上に香味を楽しんでいる人がいるなんぞ、考えたことも無かったです。やはり常識なんてちょんまげみたいなもんですね。(ライブドア堀江風)

こちらは、ちょんまげの人↑
2004年11月18日

冬のパイのみ

11月2日、全国一斉に
「冬のパイのみ」が発売された。



近所のスーパーでウロウロしていると
見慣れないパイのみを発見。
「パイのみか・・(遠い目)」

私にとってパイのみは常に明治ポポロンの2番手的存在であり、
ポポロン売り切れ時もしくはなぜか飽きてきた時の、
中継ぎ役でしかなかったのです。
そのうち時代は変わり、ポポロンも見当たらなくなりました。

で、

あまり期待せずに、105円だったので購入。
いやはや、意外においしかったのです。







今回は、中身はホワイトチョコレート
外は、ココアパイにフロストシュガーがコーティング。
フロストシュガーの甘さとココアパイが絶妙ですね。

メイン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。